2009年08月31日

白木・・・コミュニケーション。

台風…と聞くと、なぜだかなにかを貯蔵したくなる。「おやつがなくなったらどうしよう!」という危機感から、 パウンドケーキを焼く。これでおやつの心配がなくなった、と心穏やかに。白木は、オーブンのお皿がぐるぐる回るのが珍しかったようで、凝視。そうそう、今朝は「しっぽでふんわり作戦」どころか、わたしの方が先に起きて白木を起こした。やはり昨日の「しっぽでふんわり」は偶然だったのか…。デザイナーS名さんの家の猫・コテツさんは11才。長い事、大人しくて自己主張のない子だと思っていたところ、ここ数年、急にあれこれ主張をするようになったんだとか。今では、S名さんがしっぽをもつと、やってほしいもののある場所・・・ご飯の時は台所へ、ブラッシングの時はベランダへ・・・と誘うようになったとか! すばらしい! それもこれも、S名さん自身が猫とのコミュニケーションにめざめ、コテツさんのボディランゲージを見落とさないように注意をはらうようになったからだそうだ。するとコテツさんは「あぁ、言えば(主張すれば)わかってもらえるんだ〜」と思ったらしいのだと。なるほど。 わたしも白木の要求をしっかり聞き取ってあげよう!と心新たに。絵を描いてたら、さっそく足元に来て、にゃぁぁぁ…と小さく鳴いたので、ほんとは「ちょっと待ってね」と言いたいところだが、「ご飯だね! わかった!」とすぐに筆をおいてご飯の用意。白木、遠慮せずにどんどん要求してみておくれ。たぶん「ご飯くれぃ〜」以外はなにもわたしに求めないような気がするけど。

posted by inukaki at 20:00| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月30日

白木・・・作戦。

昨夜、なんだか寝苦しくて、結局朝まで眠ることが出来なかった。そのせいで、7時くらいに白木がベッドマットレスをガリガリしてわたしを起こそうとしても、「あ〜、白木ぃ〜、かわいい〜・・・・」とすぐに二度寝。そしたら、8時過ぎに、わたしの腕を白木がしっぽでふんわりと撫でて「にやぁぁ」と言ったのだ。「うわぁ、きもちぃぃ」と幸せな目覚めのシーン。偶然しっぽがあたっただけかもしれないけれど、白木をぎゅぎゅっと抱きしめて「ありがとう〜」。白木は一刻も早くご飯が欲しいだけなので、ちょっとだけつき合った後は、そそくさとお皿前へ移動。あぁ、明日から「しっぽでふんわり作戦」で起こしてくれないかなぁ。
posted by inukaki at 20:00| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月29日

白木・・・おもちゃ。

買ってきた猫おもちゃは一切無視(おもちゃではなくて、わたしを無視してるのかもしれないが…)の白木だったが、床に落ちていた輪ゴムに反応。意外な動きをするのが面白いらしく、飽きずに遊んでいる。かわいい。さっそく、白木の育ての親(元飼い主)N瀬さんに、「最近、白木は輪ゴムで遊ぶのがお気に入りです」と報告をしたところ、「うちに居たときは、画鋲がお気に入りでした」とのこと。壁から画鋲を外して転がして遊ぶので、脚に刺さりまくってたらしい。若いころは危険なことが面白かったりするものだ。白木もそうだったんだな(たぶん)。でも今はもう中高年。だから、画鋲じゃなくて、輪ゴムを選択。正しいよ、白木。

posted by inukaki at 20:00| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月28日

魂絵画。

K日さんと待ち合わせして、京王線の某駅でM伏さんと合流。まずはインドカレー屋でお昼。幅広い話題を満喫したあと、お二人はM伏妹さんの赤ちゃんに会いに行き、病み上がりのわたしは今回は帰ることに。でもせっかく出てきたのだから、、、と思って、帰りに世田谷美術館にいく。メキシコ20世紀絵画展。フリーダ・カーロを前面に出しての宣伝は正解だろう。これでかなり集客できたんじゃないかと思う。でもフリーダのあの絵以外は一般的日本人には馴染みのないメキシコの画家の作品ばかり。だけど、これがなかなか面白いのだ。各作品には、しつこいぐらいにうるさいぐらいに長いキャプションがついていて、それを読みながら進んでいくと疲れるけど、まぁ、それで興味を持ってみてもらえるなら正解か。わたしは途中から、絵だけ見ればいいや、、、と思ってしまったけれど。キャプション無くても十分ひきつける絵が多かった。こういう“魂”で描いてるような絵を見るといつも思う、「描きたいものを描きたいように描けばいいんだ」と。わかってる、知ってるよそんなこと、と思うけれど、描きたいものを描きたいように描くことの難しさも改めて思う。外的要因ではなく、自分の中のこと。よく、「自分との戦い」というけれど、戦いっていうのはどうかなぁと思うけれど、わたしの場合は、ともかく自分で自分に確かめることを怠らないように心掛けるしかない。ほんとうにこれでいいのか? 描きたいものはこれなのか? うそついてないか? ごまかしてないか? その返事はすごーく弱々しい声で発せられたりするので、一生懸命耳をすます必要がある。なーんて、こんなふうに、自分という小さい世界の中だけで生きてるっていうのはどうなんだろう? 人として、大丈夫なんだろうか?
posted by inukaki at 20:00| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月27日

三軒茶屋。

三茶で免許の住所変更。免許…と言っても原付きオンリーの免許。もう乗ることはないのだけど、身分証名のためにずっと保持している。
そのあと、以前、ヘルシンキ旅行中に知り合いになったI野さんと息子Yくんに会う。I野さんはドイツ菓子職人。この秋ぐらいから、本格的に通販を始めるとのことで、ただいま準備で大忙しの様子。客間をリフォームしたという工房を見せてもらう。しぼりだし口の金具がずら〜っと並んでたりして、“プロの道具好き”心がうずく。やはりそこは「料理好きな奥さんの素敵なキッチン」とは全然違うのだ。必要な物だけがスッキリとシッカリと揃っていて、洗練されたカッコ良さ。フンワリ系でないところが、ドイツ菓子のイメージにも合ってる気がする。
夜ご飯に、昔馴染みのうなぎ屋さんのうな丼をご馳走になり、お土産にジャガ芋とジャムを持たせてくれる。ごちそうさまでした。ちなみに、I野さんのウェブサイトはこちら>>Mutti Kuchen ネット販売が始まるのが楽しみ!

posted by inukaki at 20:00| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月26日

年末チャリティー展。

ガーディアン・ガーデンへ年末チャリティー展の搬入に行く。といっても、物はデータで先に入稿済み。今日は、色をきめるためにお邪魔する。それだけだからすぐに終わるはずなのに、ここでもやはり白木の話をしたり写真を見せたりして長居する。「またこの人、自分ちの猫の話をしだしたよ〜」「長いんだよね〜、話しだすとさぁ〜」と、あちこちで思われてるかも。しかも、この年末展のモチーフは白木だったりする。子猫の頃から育てあげたわけではないので、自分のことを「お母さん」とは感じていない。だから「親バカ」ではないと思う。では何バカ? ただのバカ? 気をつけよう・・・。
posted by inukaki at 20:00| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月25日

猫談義。

M谷さん(のら猫を手なづけて3年目)とSZさん(24才の長老猫と同居中)と渋谷で夜ご飯。話題はほぼ白木ネタ。SZさんからしてみると8才の白木はまだまだヤング。白木もわたしも、人生後半組な気分だったけれど、え?まだまだこれからなのかしら?な気持ちになる。M谷さんやSZさんのお話を聞き、もっとどっしりと構えなくてはいかんな〜、と改めて思う。オロオロしすぎなんだよなぁ、わたし。SZさんに、「男との付き合い方が垣間見れるよね〜」といわれ、恥ずかしい。そうかも。いや、違う。人間男子に対してはこんなことにはなるまい。。。と思う、たぶん、きっと。それはいいとして、白木。SZさんに猫の抱き方を図解で教わり(そんな初歩的なことから!)、さっそく家に帰って抱いてみる。ん〜、どうだろう? 白木、どう? 相変わらず、「ひぃぃぃ〜ん」と迷惑そうにないている。
posted by inukaki at 20:00| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月24日

刺繍教室。

刺繍作家のannasさんの刺繍教室へ行く。あまり「自分でなにかを作りたい」とは思わないのだが、なんとなく「刺繍」には心が動く。annasさんの刺繍図案は童話をモチーフにしたものが多くてかわいいので、やってみようかな〜と思って参加。図柄は「赤ずきんちゃん」。annasさんが持ってきてくれたたっくさんの刺繍糸の微妙なグラデーションがとっても素敵。“プロの道具好き”にはたまらない。さて、実際の刺繍作業は見た目よりも難しいのね〜!というのが感想。下絵の通りに糸を置いていけばいいだけじゃん、と思うなかれ。絵の具のようにはいかず、どんどん頭が長〜くなって、まるで鞍馬天狗みたいな、防災頭巾ちゃんみたいな、不格好な子が・・・。でもannasさんの魔法の手であっという間にかわいい子に修正してもらえたので良かった。みっちり2時間、集中はするけど、「無」になる作業ではないなぁ。マフラーを編むのとは全然違う。かなり疲れる。刺繍の後にはannasさん手作りのマドレーヌをいただく。甘い物が染み入る〜。ごちそうさまでした。
家に帰ったら、白木がにゃあにゃあとお出迎え。はい、もちろん、お腹すいてるだけですねん。
posted by inukaki at 20:00| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月22日

風邪ぎみ。

ひさしぶりに句会に出席。風邪薬を飲んでるせいか、頭が痺れてるような、ボワ〜っとした感じのまますごす。古月の美味しい料理を食べたくて参加したのに、あまり食べることもできずにもったいなかった。でも途中から、隣に座っていたAさんが、「それ、食べないんですか?」と言って、残り物を気持ちよく食べてくれたので良かった。
帰りにスーパーに寄ったら、ポカリスエットが売り切れていた。なんだ、みんな、風邪気味なのか?(わたしの中では、「ポカリスエットは風邪をひいた時に飲むもの」となっている)
posted by inukaki at 20:00| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月21日

自己診断。

明日から細かい予定がいろいろ入ってくるので、それに備えて病院へ行く。なんと3時間待ち。その間に具合悪くなりそうだ。3時間待って、見てもらったのは、喉だけ。聴診器もあてない。医師;「インフルエンザじゃないですか?」 わたし;「インフルエンザじゃないと思いますけど」って、それでいいの?! だったらもう窓口で症状を伝えるから、その場で処方せんを書いてくれ!と思う。3時間もあったら映画をみて帰ってこれるじゃないか。
posted by inukaki at 20:00| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月20日

ダイバー・日本バージョン。

体調がかなり悪い状態が夕方まで続く。でも、無理してチケットをとったNODA MAPの舞台は、無理してでも行きたいってもんだ。家を出る10分前までベッドに横になっていたけれど、えいっ!と気合いを入れて出かける。ロンドンバージョンの「ダイバー」はシアタートラム、日本バージョンは芸術劇場・小ホール。人が入るからって大きい方の劇場でやらないっていうのが素敵。「ダイバー」はやはりこじんまりした劇場が合うと思う。トラムの時は席が前の方で、翻訳の電光掲示板が見えずらくて、途中からもういいやと思って、イメージ的に見ることにした。それでもスゴイ舞台だった。今回は、舞台が見渡せる後ろの端の方の位置で、出演者も上手いひとたちで、当然日本語で、なので受け取りやすかったと思う。そのぶんちょっと重かったかもしれないけれど。それにしても、今日は初日なのにちっとも初日っぽくない。このぐらいの実力の人たちだと、「初日はまだまだ慣れてなくて…」なんてことにはならないのだろうか? じゃあいったい千秋楽はどうなってるんだろうか? で、体調の方は、途中退席することもなく全部通して見られたし、途中下車することなく往復出来た。えいっ!と思いきって行ってみてよかった〜。
posted by inukaki at 20:00| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月19日

風邪薬。

今まで気にもとめてなかったけれど、以前、「ネットで薬が買えるようになる」とかなんとかいうニュースが話題になってた気がする。一人暮らしで体調を崩した場合、薬を買いに行くのも一苦労なのだ。人って結構ギリギリまで我慢してしまうものだから、いよいよ薬を飲まないとダメかも…と思う時は相当体調が悪化してる。その状態で薬屋や病院に行くのはかなり大変だ。今はまだ足腰が弱ってないからいいけれど、この先、日頃から杖をついたりカートを押しながら歩くような状態になった場合、果たして薬を買いに行かれるだろうか? そう思ったら、ネットで薬が買えるのはかなり助かる。あぁ、あれって切実に必要としてる人がいることだったんだな〜、と今になって思う。ただ、今現在の御老人達にとって、「ネットショッピング」の壁は結構高いと思うので、「ネットで買えるようになって良かった〜」と思える人は少ないかもしれないけれど、これから老人になるわたし達世代にとってはネットショッピングはそれほど難しいことではないので、けっこう助かるシステムかもしれない。
posted by inukaki at 20:00| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月18日

病院。

体調が全然良くならないので、病院へ行くことに。電車を乗り継いで、以前住んでいた家の近所の病院へ行く。ちょっと危険な賭けだったけれど、駅のベンチや車内のシートで休みながら少しづつ前進してやっと辿り着いた病院は、なんと夏休み・・・。時間が遅かったので家の近所の病院はもう閉まっているし、仕方ないから薬局でカッコントウを買い、スーパーでポカリスエットを買って帰ることにしたのだけれど、買った物を袋につめてるところで貧血に。店の奥の休憩室でしばらくの間横になり、血の気が戻ったところで帰ることに。帰り際「買い物に来る時は気を付けてくださいね〜」と店員に言われる。「帰り道、気を付けてくださいね」ではなくて、次回来店の時の注意事項なのか? まぁ、いいけど。で、帰りの道のりは、まさにギリギリだった。あと50mくらいのところで、あ〜っっっ、やばいやばいと心の中でデガワが叫びだし、玄関を開けて倒れこんだら、珍しく上がり口のところまで白木が来て居た。なにかを察知した? たぶんお腹がすいていただけなんだろうけど。
posted by inukaki at 20:00| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月16日

猫まんま。

今日の白木はちょっとわがまま。どの猫缶もどのカリカリもいや、っていう。どうしたの?なにが食べたいの?わかんないよ〜!と半泣き。朝はほとんど拒否、昼はまったく拒否、夜はちょっと食べて拒否。ん〜、、、どうしよう、、、、と思ったら、二時間後にトコトコやってきて完食。よかったけれど、いやなものを無理に食べさせたのかと思うと、可哀想でしかたない。おまけに、夏風邪なのか、寒気がとまらない。クラクラしながらも駅前の薬局へカッコントウを買いに行き、スーパーで長ネギとポカリスエットを買ってくる。少しのご飯をお味噌汁でふやかして、ネギをいっぱい入れて食べる。なんだかわたしの食事の方が猫マンマみたいだよ、白木。
posted by inukaki at 20:00| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月15日

三日干し。

やっとやっと朝からカンカン照りの日がやってきた。梅を干す。それでも、やっぱりもうお盆をすぎると、「真夏の太陽」とはちょっと違うんだな〜。早朝の空気は確実に「秋」になっている。今年は梅を買うのにも出遅れて、売れ残って20%引きになっていて、それでももうこれが最後の入荷と書いてあったので仕方なくそれを買ったのだ。だから、熟してはいたけれど熟し過ぎてもいて、半分近くが梅干しからは脱落して梅ジャムになってしまった。結局1キロ分くらいしか作れてないと思う。去年の梅干しもまだ残ってるくらいだから、それでいいのかもしれないけれど。今年はらっきょ作りをやめた。好きでもないのに毎年作って、毎年もてあまして、今年になってやっと「なんで作るんだろうか?」と疑問に思い、やめた。梅干し、フルーツ酒、オレンジピール、しょうがの甘酢づけ、、、、実はどれも「なんで作るんだろう?」な物なのかも。来年どうするか、ちゃんと考えようっと。
posted by inukaki at 20:00| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月14日

香港、新刊。

香港のリンさんの新刊が2册届く。リンさんはハイペースで新作を世に出している。リンさんのおかげで、わたしの絵もハイペースで世(香港の書店)に出てる。本当にありがたい。そして今回は、販促グッズ用の携帯電話クリーナーのストラップを作ったそうで、見本が送られてきた。実は今年、もうひとつわたしの絵が携帯クリーナーになっている。しかも日本で。と言っても、サイトや個展で発表してるような絵ではなくて、何年も前に仕事で作った某企業キャラクターなのだ。たぶん、わたしの絵だと気づく人はいないはず。(もし気づいた方は、ご一報ください!)
posted by inukaki at 20:00| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月13日

真夏の夜の動物園。

お盆のあいだは上野動物園の閉園時間が遅くなって、ちょっとだけ夜の動物園を味わえる…といっても、日が長いのであんまり雰囲気は夜っぽくないけれど。お昼頃から「暑い〜、暑い〜」と訴え続けるM村さんと園内散策。確かに暑い。名前が似てるというだけでパンダ舎に昇格したレッサーパンダ達は、思いがけず冷房の効いた室内で心地よく眠ってる。全身から力の抜けたその寝姿をみて「あぁ、白木みたいだわ〜」と思ったり、とことこ歩いてる姿を見て「白木より大きいなぁ、白木はもっと小顔だなぁ」と思ったり。家に白木がいるおかげで、以前よりも、ガラスの向こうの子たちへの執着が薄れてる気がする。でもやっぱり熊の丘には執着。月の輪熊がよいな。前に見たヒグマの兄弟は恐ろしいほどに巨大になっていた。マレー熊は相変わらず遠くて見えずらい。白熊は泳いでた。バクや月の輪熊やツチブタのご飯タイムをみたり、コアリクイの解説を聞いたり、イベント週間の出し物をあちこちで満喫して、やっとM村さん待望のビアガーデンタイム。やきそばとフライドポテトと唐揚げのジャンクなフードを食べて、蓮を見ながら上の動物園の夜を過ごす。「動物園は夏に来るもんじゃないなっ」とM村さん。おつき合いありがとうございました。
posted by inukaki at 20:00| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月12日

アイス代。

てくてく歩いて白木の猫缶を買いに行く。いまのところ、白木の好きな猫缶を一番安く買えるのは、歩いて30分くらいのホームセンター。真夏はちょっときつい距離。大量に買いだめしたいけれど、持って帰ってくるのも大変なので、そこそこの量を買う。布袋に猫缶をカラカラとつめて帰る・・・・もぉ暑い〜!! 魔法瓶に入れてきた水はあっというまに飲みきってしまった。無駄遣いはイカンと思いつつ途中でアイスを買ってしまったのだが、新しく出来たアイス屋さんのそのアイスはなんと500円もしたのだった。あ〜、アイス代で配送を頼めば良かった〜、そしたらもっと大量に買えたのに〜とか、このアイス代で白木の猫缶があと幾つ買えるな〜とかいろいろ考えてたら、ちっとも美味しくなかった。
posted by inukaki at 20:00| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月11日

白木・・・そうはいきません。

朝、けっこう大きな地震が。わたしはベッドの上、白木は台所と部屋の仕切りのあたりに。お互いビクっとして目があって、今度こそベッドに飛び乗ってくるかも!と期待に胸を踊らせて、「白木!こっちへおいで!」といって手を延ばしたら、白木はタタタっと逆方向へ走っていってしまいましたとさ。
posted by inukaki at 20:00| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月10日

白木・・・要求。

朝5時頃、白木がわたしの頭付近で爪研ぎをガリガリしてから、ちょっと鳴く。「ん〜?」と顔をあげると、台所と部屋の仕切りのところまでタタタと行って、そこで座って「にゃぁ〜」。あぁ、これがもしかしたら「ご飯ちょうだいよう」の要求鳴きってやつ?とちょっと嬉しくなる。できれば、体の上に乗ったりとか、顔を舐めたりとか、なんらかの接触をもって要求して欲しいんだけど…でもまあ贅沢は言うまい。はい、はい、ご飯ですね〜と用意。先日、猫先輩のY川さんにお話を伺って、食事時間を「朝8時、夜5時」に決めよう!と思ったばかりなのに。今日もまたわたしと同じく一日中ダラダラ食いの生活になるのね。
posted by inukaki at 20:00| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする