2009年09月30日

猫学。

赤木仁さんのドローイング作品をひきとりにリトルモアへ。表参道を歩いてGallery5610へ。それにしても、原宿・表参道あたりは頑張ってる若者たちのなんと多いことか! 頑張りすぎてるところがなんとも可笑しいけれど、それが若さってものなのでしょうか…。さて、5610のY川さんとランチ。焼きさんま定食を。魚は大好きだけど自分では調理しないので、外で魚メニューに出会った時はなるべく食べるようにしてる。まるごと一匹登場したさんまに、「一人一匹って贅沢〜!」と驚いていたら、Y川さん家は一人一匹が常識だそうだ。しっかり食べて、5610に行き、本日出勤日のベルちゃん(犬)と心ゆくまで遊ぶ。ベルちゃんとはほんの数回しか会ったことがないっていうのに、「きゃ〜! 誰だか知らないけど遊ぼ〜!!!」と満面の笑みでアタックしてきてくれる。「ベルちゃん、おいで!」といったら、すごい勢いでお耳を倒して走ってきてくれる。がしがし撫でると、ごろんとお腹を見せてくれる。「白木もいつかこんなふうに…」と言ったら、「白木にこれを求めても無理です」と猫飼い先輩のY川さん。そうか、いつまでたってもなんとなく白木に嫌われてる(好かれてない)気がしてしまうのは、「犬的な愛情表現」を思い描いてるからなんだなぁ。家に戻って、近くに寄ってくるようなこないような白木の、くにゃくにゃの体を捕まえて撫でてみる。そうかぁー、これが「猫」ってもんなんだなー。日々、猫学を勉強中。
posted by inukaki at 20:00| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月29日

白木・・・不機嫌。

昨夜は、“病院お疲れ様”の気持ちをこめてロングタイム・ブラッシングのつもりだったけれど、思いのほか短時間で終了。(白木が洋服掛けの中に移動すると同時に終了) 今朝は、例のノズルつきの点薬。やはり今まで以上に嫌がる。「強い気持ちでやらないと、一回逃げ出したらもう次から難しくなるから」という先生のアドバイスに従い、がんばる。向き的に左耳がさしずらいんだよなぁ。ちゃんと穴に入れられたかどうか不明。白木、ちょっと怒ってる。なので、ごはんのお皿の前に座ったきり動かない。つまりそれは、「手に乗せて口元に持って来ないと食べないからにゃっ!」ということ。もちろん、そのくらいのことならいくらでもやりますとも! そのあと、昼間の蜜月タイムをたっぷり過ごす。病院に連れていったことと、今朝の点薬のこと、許してくれたかなぁ。お詫びに猫缶を買いだしに行く。ハゲ発覚により、歩きながら口ずさむ白木の歌が一曲増えた。新曲:ハゲチョビン白木の歌。
posted by inukaki at 20:00| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月28日

白木・・・病院二度目。

白木、二度目の病院通い。前回同様、家から病院まで「たすけて〜、たすけて〜(にゃぁ〜、にゃあ〜)」と言い通し。わたしは前回よりも少しは落ち着いていて、「だいじょーぶだからねー。もう少しだからねー」という励ましの声のボリュームを小さめに調整。おかげで、行き過ぎる人の注目を集めることなく病院に到着。さて、毎朝点薬していた外耳炎のお薬、一ヶ月以上ももったということは、どうやらわたしの点薬の仕方が間違っていた(少なすぎた)らしい。おかげで、白木は毎朝嫌なめにあっておきながら、治ってなかったのだった。すまん。本日、新たなるお薬をいただく。今回のは、ほんとに耳の中に差し込むようにノズルがついている。う〜・・・絶対嫌がるよなぁ・・・。心配だ。あと、目の上のハゲ。今朝、白木を撫でていて発見。触っても嫌がらないので、痛くはなさそう。先生によると、アレルギーとのこと。なんのアレルギーかは不明。そして、今回もまた体重が増えていた。本当は「最近食欲がないみたいなんですけど・・・」と相談しようと思ってたのだけど、「あ、体重増えてますね〜」と言われてしまっては言いだしずらいってものだ。「最近視力が落ちてきて…」と相談しようと思って眼科にいき、視力検査したら「目、いいですね〜」と感心されてしまったわたしと同じだ。さて、白木の謎のアレルギーは、もしやマチダアレルギーなのか? わたしが白木の眉間にチューするからか? そうなのか? 「もしマチダアレルギーだったら、N瀬さんのお家に帰ることになるんだよ〜」と白木に語りかけてたら悲しくなってしまい、泣く。もちろん白木はシラ〜っとしてる。「愛」の重さの違いは歴然。
posted by inukaki at 20:00| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月27日

まぐろロール。

美味しいスイーツ紹介本の堂々トップに載っていた「まぐろロール」。千葉の職人さんが、毎朝まぐろを丁寧にたたき、ひとつづつ手作りしている。だから一日に売る数も限られていて、なかなか手に入らない貴重な逸品なのだ。わたしはマグロが好きだ。ロールケーキも好きだ。そしたらやっぱりこのまぐろロールは食べてみるべきなんだろうか? でもなぁ、まぐろのスイーツってなぁ・・・・と悩んでる夢をみた。
posted by inukaki at 20:00| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月26日

ある日の会話。

わたし:「白木、その爪研ぎ、気に入ったんだね」 
白木:ガリガリガリガリ(←爪をとぐ音) 
わたし:「白木、それね、実は爪研ぎじゃないんだよね」 
白木:…… 
わたし:「それね、大竹伸朗全景の作品集なんだよね」 
白木:ガリッガリッガリッガリッガリッガリッ

果たして白木は、アート好きなのだろうか、アート嫌いなのだろうか。。。

posted by inukaki at 20:00| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月25日

バレた?

U田さん、I川さん、H川さん、A谷さんと夜ご飯。みなさんお久しぶりな感じ。婚活や結婚についてあれこれ話す。わたしには既に“稼ぎのない夫=白木”がいるので、なんとなく既婚者気分。しかし、「かわいい」ってすごいことだ。ただ居てくれるだけでいいと心底思われるのだから。世の中の“美人”ってこんな感じなのだろうか? 
U田さんとH川さんに「マチダさんは白木にメロメロだよね〜」と言われて、焦る。「えぇっ?!なんで(知ってるの)?」と聞いたら、「ブログ読めばわかるよ〜」と言われて、ホッとする。なぜなら、“白木の歌”を口ずさみながら道を歩いてるのがバレたのかと思ったからだ。なんでそんなことがバレちゃったんだろうか?U田さんと居る時にもうっかり口ずさんじゃったんだろうか?と思って焦ったのだった。そして思い出したのが、中学生の頃、同級生男子に「あみだババァ〜!」と言われたことがあった。もちろん、『ひょうきん族』にでてくるアレのことだったのだが、わたしは『ひょうきん族』をみたことが無かったので、“あみだババア”なるものを知らなかった。で、そのころ、優柔不断なわたしは、なにかを決める時によくあみだくじをしていた(進路もあみだで決めたくらい)。ひとりで家でやっていたことなのに、なぜこの同級生はわたしがあみだくじをやってることを知ってるのだ?あみだくじを書いた紙を落としたのか?…とひどくドキドキして、なにも反応できなかった。後日、「あみだババア」の存在を知り、「なんだ〜、ただの悪口だったのか〜」と胸をなで下ろしたのだった。 以上、わたしにとっての「なんでバレたんだ?!」事件簿でした。
posted by inukaki at 20:00| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月24日

カニ、帰国中。

ドイツから帰国中のカニ(仮称)と世界堂集合。クロッキー帳や筆などを細々と買い、かわいいカフェでランチをする。京橋の金井画廊へ行き、カニの12月の個展用の絵を手渡した後、夜ご飯…といきたいところだけど、「お互いぶったおれない為にも今日は解散しようか〜」ということで飲みにいくのはやめて、MUJIのカフェでお茶とケーキなどを。カニの家にもクレオパトラという超強力(凶暴?)な猫がいるので、猫バナシをする。クレオパトラは「扉」に執着があるのだそうで、トイレでもクローゼットでも下駄箱でもなんでも、閉まっている扉に向って「開けろ〜っ!!」と大声で鳴きながらガリガリひっかくのだそうだ。夜になると、玄関の扉(当然閉まってます)に向って「開けろ〜! ガリガリ 開けろ〜! ガリガリ」とやるのでうるさいんだそうだ。毎晩。いろんな猫がいるもんだ。ドイツといえば、環境問題やオーガニックの先進国と思われていて、ペットフードなんかも ネット検索してみると「ドイツ発! 無添加フード」みたいなうたい文句が書いてあったりする。「今度ドイツに行ったら、猫缶をいっぱい買って帰ろうと思う」と言ったら、ドイツ在住のカニは、日本の猫缶を買って帰るんだそうだ。「まぐろ」とか「かつお」とかいう和風の猫缶はあちらにはないので、そりゃもう大喜びで食べるんだそうだ。そんなもんか〜。
さて、今回カニはJALを利用。JALが一番安かったんだそうで、そういえばなんだか最近ニュースになってたような…。どうだった?と聞いたら、ほんとーにひどかった、とのこと。なにがどうひどかったのかはココには書けません。「今ならJALに乗れる!」でも「今のJALなんて乗ってもしょうがない」のかも。どうか帰りの便が無事にドイツに着きますように〜!
posted by inukaki at 20:00| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月23日

白木・・・猫の手は貸しません。

朝から机の配置替え。絵描き机の向きを変えたいだけなのだけど、部屋が狭いので方向転換させるスペースがギリギリで難しいのと、机が重いのとで、途中までやってやっぱりダメだ〜となったらどうしようかな〜…と思うとなかなか行動に出れなかったのだ。が、本日決行。机の上にも棚を置いてたので、その中身を全部出して、空になった棚と足元の本棚と机袖の本やら作品やらも全部台所へ移動。その間、白木がうろちょろして危ないったらありゃしない。いつも寝たきりなのに、こーゆー時だけはりきっちゃうタイプらしい。匂いをかいだり中に入ったり登ったりと大忙し。そのうち飽きてきて、飯くれぇ〜と言ってみても無視されるし(いつも無視されてるおかえしをしてるわけじゃありません)、諦めていつものポジション(洋服掛けの下)へ。やっぱり猫の手って借りられないものなのね。

posted by inukaki at 20:00| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月22日

通信手段。

先日O路さんと話したこと。事務所を移転した際、電話回線の仕様により留守電にするとファックスが受信出来なくなってしまったというO路さん。最初は困ったけれど、 もしファックスが送れなかったら留守電にメッセージを残すなり携帯にかけるなりメールをするなり方法はあるわけだから、まぁいいでしょうと思ったと。そして、今までは、自宅でもノートパソコンでメールチェックをしていたけれど、ノートパソコンが壊れてしまって家でのチェックができなくなり、それも最初は困ったなぁと思ったけれど、週末にどうしても連絡がとりたいくらい急いでたら携帯に電話をしてくるだろうから、まぁいいでしょうと思ったと。そしてそして、迷惑メールが多すぎて、必要なメールまで削除してまったのではないかと心配だったけれど、いつまでも返信がなかったらまたメールを送ってくるか、または電話がかかってくるだろうから、まぁいいでしょうと思ったと。通信手段が増えたぶん、心配も増えてしまったように思っていたけれど、シンプルに考えようと思えばそうできるんだなぁと思った。そんなわけで、最近はざっくりと迷惑メールを削除して、携帯電話を持たずに外に出ても、ソワソワしなくなった。
【おしらせ】携帯電話は、年内は所持していますが、メールはできるだけPCのほうへお送りください。でもPCを開かない日もあるので、お急ぎの場合は家の電話へおかけください(またはファックス)。宜しくお願いします。
posted by inukaki at 20:00| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月21日

シルバーウィーク。

ラジオをつけていると、すごく普通に「シルバーウィーク」と連呼している。「シルバーウィークっていうらしいですけど…」的な言い方ではなく、昔からそう言っていたかのごとく普通に言うのだ。なぜだ。たまたま「シルバーウィークって言いましょう強化週間」にわたしがラジオを聞いてなかったせいなのか? 気づいたときは強化週間が終わって定着期に入っていたのか? 誰がそう言えといったのか? もし誰かの鶴の一声で一斉に「シルバー…」と言うようになったのなら、その指導力・統率力ってスゴイのでは? 「ゴールデン」はなんとなく輝かしい感じがするけれど、「シルバー」って「老人」のイメージが強くて・・・と思ってるのはわたしだけなんだろうか。まぁ、毎日が日曜日みたいな暮らしをしてるわたしがとやかく言うことではないのだけど。
posted by inukaki at 20:00| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月20日

白木・・・猫ベッド。

見るからに信用できない感じだったコジマの兄さん、ちゃんと猫砂4袋梱包してくれた。人を見かけで判断してはいけませんね。すみません。猫ベッドを窓辺に置いて、無理矢理入れてみたけれど拒否。そうなのだ、強制すると嫌がるのだ。でもこのままだと、気に入るベッドに出会えるまでどんどん猫ベッドが増えていく可能性がある。家中猫ベッドだらけになってしまっては困る。なので、いきなり奥の手。猫ベッドにまたたび粉をうっすら散布。ふふふ、まんまとハマっている白木。・・・が、興奮しすぎて、いきなり縫い目を爪でガリっガリっと破壊し始める。やめてえ〜っっっ、白木ぃ〜っっ!

posted by inukaki at 20:00| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月19日

見ない。

昨日、自分だけ美味しいケーキを食べてしまったお詫びに、白木の猫ベッドを買いに行く。ちょうど猫砂が安売りしてたので、まとめ買いして配送を頼む。レジには一袋だけ持って行き、「これをあと3袋、合計4袋でお願いします」と言ったのだけど、あの店員、大丈夫かなぁ。どこにもメモせず誰にも伝達せず、次の客のレジ打ちを続行していた。心配。
前に住んでいた家の近くの図書館に予約本が届いたので取りに行く。帰りにD&に寄る。なにかの雑誌に載っていた、無駄使いをしないための経済専門家のアドバイス、「女の人は見ると買いたくなっちゃうから、見なければいいのよ」。まさにその通りだ。あれもこれも欲しくなる。ダイニングでランチも食べたくなる。でもぐっと我慢。見ておきながら我慢するというのが一番たいへん。やっぱり見ないのが一番だ。
posted by inukaki at 20:00| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月18日

甘い言い訳。

つばさ文庫の打ち合わせに角川書店へ。ちっとも通り道ではないけれど、帰りにカーヴァンソンへ寄る。「すごく美味しい」という情報を二回くらい耳にしたことがあり、前々から気になっていたのだ。濃厚そうなケーキが並ぶショウケース、中でもとりわけ濃厚そうなやつを2つ選ぶ。それでランチくらいの値段なのだから、 今日の夕御飯をこれにしたらそんなに散財ではないでしょう、と言い訳。家に戻り、わくわくしながらいただく。う〜ん、旨い。脳天にくるような嫌な甘味ではなく、深〜い甘さ。そして重〜い。さすがに二個続けては食べられない(食べなくていいんだけど)。これ一個で夕食になるなら安いのでは?…としつこく言い訳。
posted by inukaki at 20:00| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月17日

12時過ぎる会。

夜、Y田さんと待ち合わせをして、O路さんの新事務所にお邪魔する。レトロマンションの素敵な部屋。そして、お互いに古〜いMACを使っていたので、「最近はどのウェブサイトも画面が見られなくなりましたね〜」と言い合っていた仲だったのに、引越しを機にNEW MACに変えていたO路さん。「わたしも変えようかなぁ〜」と言ったら、「でももうこのタイプは売って無いよ」とのこと。もぉ〜っ!MACはすぐにバージョンアップして、そうすると前の型を扱わなくなるから嫌だ。買い替えのタイミングがわからなくて、いつまでもOS9から抜けだせない・・・・。
Y田さんが予約してくれたお店に移動して、飲み食い。小学生のころに「寅さん」の前田吟の素晴らしさに感動したO路さんの話を聞いたり、Y田さんの実家のエキサイティングなペット話を聞いたりしてるうちに、いつものようにY田さんが「みなさ〜ん、時間、大丈夫でしょうか? もう12時過ぎちゃいました〜」と言う。毎回そうだ。なぜいつも12時を過ぎるのだろう。Y田さんもO路さんも喋りが止まらないとういタイプではないし、飲みが止まらないタイプでもないのに。不思議だ。
posted by inukaki at 20:00| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月16日

白木・・・お客さんは苦手。

白木災難の日。というか、ただ単に来客有りの日。二人目のお客さま(延べ人数3人)KNちゃんが昼過ぎに登場。前回のY川さんの時を教訓にして、「とにかくしらんぷりしていて」とお願いする。白木は洋服掛けの下(部屋の一番奥の角)に入ったきり出て来ない。時々覗いて様子をみつつ放っておいたら、夜になってのっそりと出て来た。空腹に負けたようだ。でもやっぱり緊張状態。しっぽがピーンとなったまま腰をおろすことなく、いつでも逃げられる体勢での食事。食べたらすぐにベッド下へ。その後も何度か出てきてご飯を食べるのだけど、緊張のせいなのか、手に乗せて一口づつあげないと食べない白木。ご飯を食べる時に下を向くと無防備になるから怖いのかも。それでも、何度目かにはベッドの“上”に乗ったので少しは慣れてきたんだな〜とホッとするも、KNちゃんが近付いたら「シャ〜っ!」と言ったらしい。先日のY川さんも本日のKNちゃんも猫に慣れてるので、白木の「シャーッ!」とか「フーッ!」なんかにはちっとも動じないのだ。威嚇の効きめ無しの可哀想な白木。KNちゃんを駅まで送って戻ったら、やはりベッドの上でのびのびしていた白木。残してあったご飯も完食してあり、トイレにはうんPとシッコ。いろんな物を我慢してたのね、白木。いつもより長めにブラッシング&撫で撫でして労をねぎらう。お疲れ。
posted by inukaki at 20:00| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月15日

わずらう。

髪を切りにT田さんのところへ。会話の中でT田さんが「40才くらいのオバサンが…、ん?オバサンか?。いや、軽いオバサンが・・・」と言ったのが可笑しかった。「軽い風邪」「軽い筋肉痛」、そして「軽いオバサン」。それほど重症ではないけれど、ややわずらっている感じ。
ハンズに行く。最近、わたしの中の「ハンズ神話」が崩壊してる。図面などを入れる筒ケースの蓋だけ欲しいと思ったけれど「蓋だけは扱ってません」といわれ、保存瓶のパッキンだけが欲しかったけれど「2種類のメーカーの物だけしか扱ってません」といわれた。以前ここで買ったちょっと特殊な封筒を持参して、「これと同じものを」と言ったら「扱ってません」といわれたけれど、探したら置いてあった。更に、ティーポットを購入しようと思ったら、見本として出ていた品が激しく割れていて、それをセロハンテープで止めて見本品にしていた。「ハンズの店員は、こんなにバラバラに割れたティーポットをセロハンテープでとめることができます!」ってことの見本なのか? 大丈夫か、東急ハンズ渋谷店。なにかをややわずらってるのか?
posted by inukaki at 20:00| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月13日

無駄遣い。

刺繍教室でお世話になったANNASさんと、ANNASさんが以前ブログで紹介していた千種さんが出店している品川てづくり市へ行く。かなり狭いスペースにお店がびっちり並んでいる。まずはANNASさんの場所を見つけて、欲しかったブローチを購入。ツバメを買うつもりだったけれど、金色の首輪と数字のテープに惹かれて猫のブローチを購入。それから千種さんのブースを探すと、ちょっとした人だかり。彼女は、フェルトで小さな鳥を作っている作家さんで、その鳥がどれもリアルで小さな剥製みたい(そんなことを言ったら嫌がる人もいそうだけど)。4000円前後のその作品たちは、この場においては安いわけではないのに、多くの人が立ち止まり、手にとって、そして自分だけの一羽を選んで買って帰る。わたしも、うんうん悩んで、最後3羽にしぼって、それでも決められなくて、そのあいだに何羽もの鳥たちが買われていき、これ以上一人で3羽も独占して悩んでる場合ではないので、白いオカメインコと白いお花の組み合わせのネックレスにきめる。12月に展示会があるそうなので、その時にまたぜったいに買おうっと。今日のこれらのお買い物は無駄遣いとは思わない(ようにしたい)。わたしの作品を買ってくださる人への感謝の気持ちは、こうやって誰かの作品を買うことでまわっていくんじゃないだろうかと思う(ようにしたい)。
帰りに新宿へ。世界堂へ行ってすぐに帰るつもりだったけれど、ちょっと伊勢丹へ寄って腕時計を見学。そしてびっくり! 大人の腕時計って高額なのね〜っ! 「携帯電話を持つことをやめ、そのかわり腕時計を買おう計画」、決行するには結構な出費が。腕時計を買うことは無駄遣いなのか?
posted by inukaki at 20:00| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月11日

メアリー・ブレア展。

現代美術館へメアリー・ブレア展を見に行く。夏休みが終わった平日なのにお客さんがたっくさん。ほとんどが若い人、そして女子。「ディズニーは好きだけど、でもこれちょっとディズニーの絵と違うしぃ、ビミョ〜」と言われるのかと思ったら、ちゃんと食い付いてくれた様子。美術館的には良かった良かった。この美術館は広いので、最初は混んでいても中盤くらいになると人が居なくなる。スタート時点では、一枚一枚逃さず見るわよ!と行列を作ってる人たちも、途中で疲れて適当になるからなのではないだろうかと予想している。本当のところはしらないけれど。そんなわけで、後半のイッツアスモールワールドの展示コーナーがすごーく人がいなくて、ゆっくりじっくり見れた。この仕事に対する彼女のモチベーションの高かさにグッときて、胸が熱くなる。そして、晩年の絵がすごくいい。好き。ディズニー映画のコンセプトアートがあり、イッツ・ア・スモールワールドがあり、この晩年の絵がある。そのことに目頭が熱くなる。全体的にはわりとザックリとした展示内容だったけれど、ところどころ胸や目頭が熱くなるものがあった。
清澄に行くなら「さくらカフェ」へ寄りたい。ランチも食べたいしケーキも食べたいとなるとちょっと散財しすぎなので、帰りにケーキをテイクアウトしようと決めていた。が、さくらカフェから美術館へ行ったことはあるけれど、美術館からさくらカフェへ行ったことがなく、歩き回っても店がみつけられず、仕方ないのでそのまま帰ることに。余計なお金を使わずに良かったと思えなくもないので、まぁよしとするか。
posted by inukaki at 20:00| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月08日

白木・・・ウエルカムじゃありません。

そんなわけで(昨日からのつづき)、「白木を見たい〜」と言ってくださる人には、「いつでもどうぞ〜」と言っていたのだけれど、どうも白木的には相当ダメっぽい。うちに来て二ヶ月をすぎ、わたしのことを「いつも居る人」「特に危害は加えない人」とはっきりと認識してくれたぶん、よその人とわたしの差が激しくなってしまったようだ。前にY川さんが来てくれた時は、わたしのこともまだ「よく知らない人」だったので、Y川さんとわたしの差はそれほど大きくなかった。この先、わたしがもっともっと信用されるようになって、「この人が連れて来る人だったら、とりあえず怖くない人なんだろうな」と思ってもらえるようになりたい。がんばろう。
posted by inukaki at 20:00| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月07日

白木・・・激しく人見知り。

お仕事帰りにY川さんが寄ってくれる。我が家にお客さんが来るのは二回目。一回目のお客さんもY川さん。せっかくだから、ご飯を食べる可愛い白木を見てもらおうと、白木のご飯は“Y川さん待ち”にした。もう我慢の限界ですぅ〜、はやくぅ〜、ごはん〜・・・ってところでY川さん登場! よかったね〜、白木、ほらご飯だよ〜、とお皿を置いたところで、知らない人がいることに気づき、ダッシュでベッド下へ逃亡。ご飯で誘い出しても無理だったので諦めて、わたしは人間のご飯の用意を。その間Y川さんは果敢に白木と御対面。どうやら「ふぅ〜っっ!(怒)」とか言ってたらしい、白木。「いやぁ〜、今日はもう無理かもしれませんねぇ」と言って振り返ったら、Y川さんの腕にしっかり抱っこされた白木が。「隙がありました」とニッと笑うY川さん。う〜ん、隙だらけだろうなぁ、白木は。その後、解放された白木は、もちろん脱兎のごとく逃亡。すっかり怯えて警戒心丸出しになってしまった白木とわたしの距離は再び広がった・・・かと思ったら、以外とそうでもなくて、Y川さんが帰ったあとは、普通にベッドの上に出てきて寝てたし、ご飯食べたいにゃぁ〜と言い、でもひと粒づつ手からじゃなくちゃ食べないにゃっ、とちょっと拗ねて甘えたオッサンになっていた。寝る準備をしてベッドに行く時も、わたしを追いこしてベッドにスタっと登り、速効で寝そべってウニャァァッ(もぉぉ、疲れちゃったんだから早く撫でてよねっ)と一鳴き。よしよし、今日はよく頑張ったねぇと労をねぎらい、“甘えたオッサン心”に付け込んで、「じゃあ一緒に寝ちゃう?」と抱っこして隣に連れ込んだら、「それはまた話が別です」と素に戻って逃げていった。
posted by inukaki at 20:00| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする