2009年11月30日

白木・・・ポロリンチョ。

白木、ゲロリンチョに加えてウンチポロリンチョが続いてる。ポロっとひと粒、無意識に落として(漏らしてとも言う)しまうのだ。昨日の夜も、ゲロリンチョしたあとにいつもの寝床に戻ってきて丸くなった白木。“いつもの寝床”というのはわたしの枕元のすぐ横で、たいていわたし側にお尻を向けるのだが、なにか匂う。お母さんが赤ちゃんのおむつを外からクンクン嗅ぐみたいに白木のお尻あたりを嗅いで、「白木、なんか臭くない?」と問いかけるも、白木はその場を動かずに眠ってしまった。ん〜、臭いんだけどな〜、おならかな〜・・・と何度もクンクンして怪しみながら、やがてわたしも就寝。朝、白木がどいた寝床を見たら、やっぱりウンチがひと粒・・・。ま、まさかボケが始まったわけじゃあないよね?
そういえば、18日の「スヌーピー」、「スヌーピーに見える!」と何人かの方から言われて満足。そうよ、見えるのよ。
【おしらせ】12月3日発売の月刊MOE1月号の「こまねこのクリスマス」の記事内で、合田監督と対談してます。
posted by inukaki at 20:00| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月27日

白木・・・信念。

ここのところ、また白木が深夜に吐くようになったのだけど、床に降りやすい方に寝てもらったことが功をなし、布団の上で吐くことはなくなった。昨日の深夜も、「うっ…」と来てベッドから降りゲーっとやったあとスタタタタとトイレのほうに駈けていったので、そのあいだに一発めのゲロリンチョを片付けるためにわたしもベッドから降りようとしたら、ルームシューズのド真ん中にこんもりと白木のゲロリンチョが。そうね、ルームシューズの形ってなんとなく和式トイレの形っぽいもんね。白木は基本的にはトイレで吐きたい性質。さすが、やることにブレがないね。そういえば、N島さん家の猫、テツさんはカーペットの上で吐くのがお気に入りで、ネギさんはテーブルの上から床に向って滝のごとく吐くのがお気に入りなんだそうだ。吐き方の好みも猫それぞれ。
posted by inukaki at 20:00| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月23日

白木・・・包み。

カシミヤのピンクのマフラー。その可愛いピンク色は、わたしには似合わない。やっぱり白木の方が似合うと思う。だから、白木にあげる。

「欲しいとは言ってません」

白木寒い
posted by inukaki at 13:41| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月22日

白木・・・ことわざ。

頭隠してその他すべてを隠さず by白木


白木全開
posted by inukaki at 20:00| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月21日

白木・・・現場写真

被害者Sは必死で逃げようとしたものの、その場で力尽きたものとおもわれます。(嘘)

「む、無念・・・」

白木力尽きる
posted by inukaki at 20:00| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月19日

白木・・・&わるねこ。

今日も寒い雨。雨のなか学芸大のバーデン・バーデンへ行く。今日から「らうた(http://rauta.jp/)」さんの編みぐるみ作品展が始まる。そこに出展される「わるねこ」が欲しくて開店時間をめざして行く。ちびわるねこも居たけれど、大きいわるねこのほうが顔がいい。白木は“わる”くはないけれど、なんかちょっと白木っぽいのだ。だから迷うことなくお買い上げ。嬉しい。わたしよりも先にお店に来ていて、何匹かをお買い上げしていた人もいたから、らうたさんの作品は人気があるのだろう。早く来てよかった。 

「・・・・・」

白木わるねこと。
posted by inukaki at 20:00| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月18日

白木・・・スヌーピー

コピーを取りに駅前のコンビニへ。ここのコンビニのコピー機は、店の一番奥にある「成人雑誌」の棚の横にある。コピーをとりながら未知の世界を眺めると「ロシアンビューティー」というような雑誌名が目に入る。ロシア女性ばっかり載った本なのだろうか。これって各国版があるんだろうか? 「旅の指さし会話帳」みたいに順番に出てるんだろうか? 
昨日の夜中に目が覚めると、目の前にスヌーピーの生首がある。ん? なぜスヌーピーがここに? …とねぼけた頭でぼんやりと考え、スヌーピーに見えたソレが実は白木の背中だったことがわかった。どんなふうだったのかを人に見せたいのだけど、カメラを手元に置いて寝てるわけではないので、その瞬間を激写することは出来ず残念。と思ったら、昼間、ほぼ同じような感じの白木を捉えることができた。暗がりで、寝ぼけていたら、これがスヌーピーに見えるという不思議。

見える?

白木スヌーピー
posted by inukaki at 20:00| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月14日

白木・・・作戦。

白木の寝る位置はベッドの右側の枕元。でも、左側の方が床におりやすい。ということはゲーっとなった時に、左に寝ていたほうがトイレに駆け込みやすい。なので、位置を変更してみる。一昨日の夜、お気に入りの毛布ごと左に移動させたらそのまま寝てくれたので昨夜もそのようにして寝た。そしたら、朝3時頃、頭上を歩いてベッドの右側に移動してきた。そこには私が寝てるので、白木が寝る余地はないのだけど、そこに無理に体を押し込んで丸まってわたしを見つめ、小さな声で「ヒィ〜ン・・・」と泣く。はいはい。どきますよ。ここは白木の場所でしたね。白木のこの「ヒィ〜ン・・・」という小さな泣き声に弱い。薬を飲まされる前にも「ヒィ〜ン・・・」、ご飯のおかわりが欲しい時も「ヒィ〜ン・・・」、窓の外が見たいのにカーテンをうまくくぐれない時も「ヒィ〜ン・・・」、お昼寝してる時にほおずりされた時も「ヒィ〜ン・・・」。そういえば以前、野球解説者の人が語っていたのだが、イチローは、どちらとも言えない球をストライクと判定された時に決して審判に抗議せず、黙ってバッターボックスを去るのだという。「いまのはボールだろうぐわぁ!」とか「どこに目をつけていやがるんだ!」とか食ってかかる大柄選手が多い中、静かに肩を落として去る小さな背中は審判の同情を買い、次にどちらともいえない球が来た時はボールと言ってあげたくなるらしい。白木の「ヒィ〜ン・・・」はまさにその“イチロー作戦”だ。「どけにゃぁ〜!」とか「やめろにゃぁ〜!」とか「はやくしろにゃぁ〜!」とか言われたら、うるさいなぁと思うんだろうけれど、白木の場合は「ヒィ〜ン・・・」なのだ。悲しそうなのだ。同情作戦、大成功なのだ。

“カワイイ作戦”もあるにゃ。

白木可愛い
posted by inukaki at 20:00| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月13日

白木・・・飲みました。

上手に白木に薬を飲ませる方法がわかった。馬乗り方式。白木を床に置いて、上からまたがる。もちろん体重をかけるわけではなく、腿で軽く挟む感じ。そして顎を挟んで口を開けて薬を落とすと、暴れないし泣かないし息もあがらない。いい方法がみつかって良かった。ついでに前足の肉球をニュッと押してみたけれど、特に抵抗する様子がない。もしかしてこの体勢で爪切りができれるかもしれない、という新しい発見も。ここ数日、白木の投薬のことで気分が暗くなっていたけれど、問題解決! 今日からスッキリ爽快だ。どちらにしても薬を飲まされる白木は、なんにもスッキリしてないだろうけれど。

口と目がうっすら開いてる白木の怨念寝顔。

白木寝顔
posted by inukaki at 20:00| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月12日

白木・・・飲みません。

昨日は吐かなかった〜と喜んでいたら、朝3時にゲ〜っっっ。吐く前のウォエッウォエッの時に気づかずに、キャッチするには間に合わなかった。やっちゃいました、ベッドの上で。わたしが黙々とシーツを取り替える間、机の下の棚の中でじっとしてる白木。ゲーっをしたからって怒ったことなどないのに、どういうわけかゲーっしたあとはわたしを避ける。そして朝、起き抜けにもゲーッ。これはトイレに間に合った。偉い。で、そのあと錠剤を飲ませるんだけど、これがもう・・・・お互い苦痛。長時間、格闘してやっと飲ませた後、しばらく抱いて撫でてひたすら「ごめんね〜」と謝りたおしてから白木を解放。するとどこからかポロっと薬が落ちる。飲んでなかったのか〜っっっっ! …でまた一からやり直し。このことがストレスになってしまうんじゃないだろうか? 毛もいっぱいぬけるし。

posted by inukaki at 20:00| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月11日

白木・・・ありがた迷惑。

ここのところ体調(胃腸)の悪い白木、いつもよりさらにいたわってあげようと思い、寝る時にたっぷり撫でてあげることに。昨夜は、10時から始まるラジオ番組「プラトン」のスタートからエンディングまでの1時間半強、撫で続けた。今夜もまたそのつもりで撫ではじめ、30分を過ぎたところで、白木がおもむろに立ち上がり洋服掛けの中に逃げていった。ん?・・・・しばらく間をおいて再びベッドに戻って来た。さっきよりも距離をあけて背をむけて丸くなる白木。ん? んん?・・・・もしかして迷惑だったのか? 
posted by inukaki at 20:00| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月09日

白木・・・胃弱。

風邪でぐったりしてるわたしに合わせるように、白木も不調に。夜の10時半頃と夜中の2時半頃にゲロリンチョ、を3晩続ける。今日の“2時半のゲロリンチョ”ともなると、すでに6回めなので、白木とわたしの息もぴったりと合い、布団にまきちらす前に手でナイスキャッチ出来た。やったね!…と喜んでる場合ではなくて、白木の吐いた液体をじぃ〜っと見つめ、これは血? それとも猫缶のオレンジ色? と悩む。オレンジ色の液体を顔に飛び散らせて、ホラー顔でわたしを睨む白木。ここのところ食欲減退気味だし、心なしか毛艶も悪いので、朝一で病院へ行くことに。やっぱり体重が減っていた。点滴みたいなのをやってもらって、錠剤をもらって帰ってくる。錠剤・・・・ぐっと顎のあたりを掴んで口を開けさせて真ん中に落としたあとスポイトで水を数滴垂らすだけ…なんだけど、ひとりでできるかなぁ〜。気が重い。
posted by inukaki at 20:00| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。