2010年02月14日

白木・・・拒絶。

白木、どうにもこうにもプレドニンが嫌でたまらない。きょうは 一度飲んだほかの薬とともに全部嘔吐。ちょっとドロっとなってしまったプレドニンを拾って、匂いと味がばれないようにすごーーーく少しづつを焼きカツオにセットして食べさせる。味では気づかなかったのに、途中で食べたものを嘔吐。もうダメだ。。。E先生に電話。「薬が嫌で食欲が落ちて元気がなくなってしまう子もいる、または病気が進行してるという心配もある」と言われる。どうしよう、、、、白木。かかりつけの病院でもらうプレドニンはもっと粒が小さかったからそれだったら飲めるかも。明朝一番でもらってこよう。
それにしても、医者って仕事は大変だと改めて思う。実は今日、E先生はお休みの日だったらしいのだ。病院に電話して、白木が薬とその後のご飯を吐いてしまったことを伝えたら、昼過ぎにE先生から電話がかかってきた。病院からの連絡用携帯は、休みの日も電源を入れておかなくてはいけないんだろうな、医者って。受け持ちの患者がゼロになる時ってないだろから、本当にほんとうになにも気になることなくお休みできる日なんてないんだろうな、医者って。現場に出ての仕事自体も大変そうだけど、それ以外の時でも精神的に休まることがない仕事なんだろうな、医者って。給料が高くて当然だよな、医者って。


posted by inukaki at 20:00| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。