2011年01月03日

白木・・・勘。

朝ごはん後の読書中、「遊べ〜。じゃらせ〜」と言ってきた白木に「わかった。わかったけど、きりが悪いから、この章だけ読ませて。この章が終わったら遊ぶから」と答える。白木はわたしの目の端で背中をむけ、じっと待つ。あ、おとなしくなったわ、じゃもうちょっと読み進めちゃうおうっかな…と思うと、あら不思議。次の章を読み始めたとたんに、くるりとこちらを向いて「約束が違うにょ〜っ(怒)」と訴えてくるのだ。なぜわかるんだろう?! 

白木:「霊感ヤマカン第六感」

待機。


posted by inukaki at 20:00| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。