2012年04月28日

大人同士。

ミグノンの里親会に行く。
と言っても、白木の同居猫を探してるわけではなく
謀人のおつきあい(とういか野次馬)で。
猫とか犬って基本的に全員可愛いので、
この子!という決め手がなかなかなく、
謀人は悩んだすえに今回は断念。

わたしの犬猫の好みは、ビビリ系。
人にあまり慣れてないような、
ツンデレならぬツンツンな子で、
大人猫大人犬が好き。

ところが、
大人猫大人犬の需要ってあんまりないらしい。
確かに仔猫子犬を育て上げる喜びはある。
わかる。
でもなんていうか、
大人同士の付き合いっていうか、
話せばわかるひとたちとの暮らし、
ってのもいいもので。

お互いのペースを尊重しあい、
同じ空間でそれぞれ勝手にすごして
たまに「調子どう?」なんてあいさつしたり
ときどきくっついたり
そんな、白木みたいなオッサン猫との暮らしって
とてもいいものですよ、と思う。

猫を飼おうかな〜と思うみなさん、
大人猫をぜひともよろしく!
(大人犬もぜひ!)

posted by inukaki at 20:00| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月26日

生活リズム。

昨日は体力消耗してしまってグッタリだったので、
ちゃんと23時前には就寝したのに、
今朝起きたら9時半近かった! 
いや〜!なんで〜!なんで起こしてくれないのよ〜!
と白木を責めてみる。(白木はいつも起こしません)
ゴミ収集車も行っちゃって、
うあ〜、ショック。
ダメ人間な気持ち。
しかも寝すぎて体痛いし。
なぜか動悸が激しくて手が震えてるし。
ラフを描かなくちゃならないのに細かいところが全然描けないし。
それもこれも、24日の夜にほぼ日で募集していた
“ネットで試写会”に申し込んで、
深夜1時近くまでMacモニターを見ていたせいな気がする。
生活リズムがガタガタに崩れたのだ、あの夜。
立て直すのに3日かかるようだ。
若い頃とはかなり違うのだなーと体感。
しくしく。
posted by inukaki at 20:00| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月25日

白木・・・検診。

白木の検診日。
なのに、昨夜、アレルギーの薬を飲み忘れてしまい、
朝から絶不調。
なにせ、アレルギーの源を前に抱えて、
アレル源がわんさかいる病院へ行かねばならないのだから。
ポケットティッシュを山盛りかばんに入れてゴー! 

体重は前回と変わらす5.1kg。
特に異常なし。
次回血液検査予定。
優等生な白木。
先生も「白木ちゃんはリンパ種の子たちの希望の星です」と。(←記憶違いかも)
そーだよー、すごいよー。

今日は行きのタクシー運転手さんも帰りの人も猫を飼ってる人で、
にゃあにゃあ泣きわめく白木にも優しかった。
行きの人は、勤務先周辺にたむろする野良猫集団の中で
唯一逃げなかった子をゲットして連れ帰ったとか。
帰りの人は、近所の家で野良猫が子どもを生んだと聞いて、
そのひとに、捕まえてくれとお願いしたとか。
オッサン猫は大好きだけど、
猫をこよなく愛するオッサン(人間)もなかなか良いなぁと思った。

にしても、やはりアレルギー症状が激しくて、
水のような鼻水がタラタラ流れ落ちるは
くしゃみは止まらないは
咳が出て呼吸が苦しいわで一日使い物にならず。

ぐったりの一日。
posted by inukaki at 20:00| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月24日

やること。

水道橋でYさんと。
以前、「絵本は描きたいけど、おはなしが書けないので…」と
言ったことを覚えていてくださり、
「ではこんなふうにしてみたら…」という
素敵なご提案をいただいたのだ。
お仕事依頼とかではなく、どちらかというと、
絵本が描けないわたしの訓練編みたいな感じ。
Yさんのご提案を聞いて、
あぁそれならやれそう、やりたい、やります!と返事。

そして、
「いつでもいいので出来たら見せてくださいね」とは言わないYさん。
「人って〆切がないとやらないでしょう」と優しく微笑む。
そのとおりです。
「なにか出来たら見せて」と言われ続けて、
今迄一度もだれかになにかを見せたことがないわたし。
だって出来ないんですもの・・・。

で、Yさんとは6月にお会いすることにして、
それまでにはナニカシラをやるつもり。
いや、やります。

やることがあるのって楽しい。

posted by inukaki at 20:00| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月22日

歓迎。

Y子さん来宅。
白木、なんと今回も自分から出てきて、
Y子さんの手をクンクンしたり、
座ってる椅子の下をくぐったりまわりをウロウロしたり、
にゃあにゃあ鳴いたり。
きわめつけは、脱糞までも披露! 
お客さんがいるところで脱糞できるとは! 
すごい〜! 

Y子さんが帰る準備をしていたら、
部屋の間仕切り布の影からじっっっっと見つめていた白木。
お見送りしたいけど恥ずかしいのだね。
白木、精一杯のお見送り。

段々お客様慣れしてきたのか。
それとも、
U山さんに続いてY子さんも“好みの女”だったのか。

posted by inukaki at 20:00| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月21日

青江三奈。

図書館から青江三奈のCDを借りてきた。
これがとてもいい。
ドロ〜ンとしたうらぶれて甘ったるくも苦い感じ。
子どもの頃は好きじゃなかったのに(あたりまえだけど)。
今ディナーショーやってたら行きたいぐらいだなぁ。
亡くなってしまったことを今頃になって残念と思う。

いろんなことが間に合わない、追いつかない感じがする。
posted by inukaki at 20:00| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月20日

お仕事。

次に始動した児童書の装画(と挿絵)の仕事。
でもまぁ既にいろいろありまして……(“いろいろ”って便利な言葉)。

わたしの絵って幅が狭いよなぁと思う。
描けない、いや、描きたくない、というものが多すぎるのかなぁ。
描かせていただけるならなんでも描きます!という気持ちもある。本当に。
でも、例えば実際に「もっと動きのある感じで」とか
「楽しそうに微笑んで」とか言われると、
あれれ、これはわたしが描くべき絵なのかな?と思ってしまう。
わたし自身が大切にしてる空気感とか感触とか音とか匂いとかではなく、
もっと別の、
例えば技術的なところをイイと感じて発注してくれる人もいるのだと思う。
その期待には答えたいと思ってはいるんだけれど。
ん〜・・・・
自分がすごく意固地でわがままな人間のように思える。
実際そうなんだけど・・・。

以前、絵の仕事をしてる謀人に、
「発注者のダメ出し(指摘)に対して“それはちょっと”と思うことはないの?」
と聞いたことがある。
謀人のこたえは、
「あるけれど、その場では“なるほど”とか答えて、でも実際はやらない」。
その場で、「いやそれはちょっと…」とは言わないのがポイントらしいのだ。
なるほど、そうか!
と思ったはずなのに、すぐに「それはちょっと…」と言ってしまったり
態度に出してしまったりするんだなぁ。
反省。

で、今回は、「それはちょっと…」というメールは出してしまったけれど、
どうしても嫌だと思うことはやらないで、
自分の描きたい方向での修正や提案をしなおしてみることが出来た。
そしてそれでOKだった。

絵を描くのってひとりでやることだけれど、
イラストレーションはひとりでやる仕事ではない。
作業自体は引きこもりでもいいけれど、
精神は引きこもりだととてもやっていけない。
どの仕事も「人とのやりとり」が必要だし重要だからなぁ。
そのへんが、きっとまだダメなんだろうなぁ。

・・・「まだ」っていったい何歳だよ自分。と思う。
posted by inukaki at 20:00| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月18日

幸せな仕事。

完成した装画を持ってSデザイン事務所へ。
今回はほんとに楽しかったー。
描く前にみんな(編集者、デザイナー、絵描き)で
打ち合わせをするっていうのは初めての経験だったけれど、
すごくやりやすかった。
全員でイメージと方向性を確認しあった後に
ラフ(というかもう下書きみたいな感じ)を描くことになったので、
迷うことがなにもなく、
グイグイ深く潜っていくことが出来たのだ。
微調整ぐらいはあったけれど、
基本ずっと潜りっぱなしで集中できた。

絵が自分から離れてしまうこともなく、
すごく蜜な関係のままで、
自分の作品のように、
だけどひとりよがりでもなく、
っていうすごくいい感じだった。
幸せな仕事って、たまにある。
嬉しい。

posted by inukaki at 20:00| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月17日

小さい気分。

結構ワッとイロイロやることが入ってきたけれど、
ワッと収まった感じ。
あれれ、わたし、暇じゃん。

ってことで作品描きを。
個展開催も決めたことだし。
今回は小さいめの絵が多い。
なぜだか小さい絵がブームなのだ。
小さいキャンバスに向かうと次々と描きたくなるのに、
例えばA4程度のキャンバスでさえ、
今の気分ではデカすぎるように感じて手が止まる。
せっかく広いギャラリーなのに、
ちっちゃい絵しか展示しないなんて
もったいなく思われるかもしれないけれど、
まぁ仕方ない。そういう時期なので。

【お知らせ】
個展開催予定
9月6日(木)〜12日(水)
12:00-19:00(予定)
Gallery5610
港区南青山5-6-10
期間中無休

posted by inukaki at 20:00| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月16日

手直し。

昨日の夜、現在進行中の装画を見て
気になることがあった。
絵全体の中で一カ所だけ「物語がない」箇所があるのだ。
それは、編集さんに
「入れられたら入れてください」と言われたモチーフで、
ほんとにただ入れただけになっている。
ラフの段階でデザイナーさんから
位置やサイズのリクエストがあるかもと思って、
とりあえず配置しただけにしてあって、
そしたらそのまま進んでしまったのだ。

うわ〜、どうして今まで気づかなかったんだろう・・・
今になって手を入れて、
取り返しのつかないことになったら嫌だし、
誰も何も言ってないし、
このままでもいいのでは・・・・
いや、やっぱりダメだ、
これは著者の方の思い入れがあるモチーフだって知ってるし、
わたしがまぁいいやなんて思っちゃいけないのだ。

ということで、今朝はそこから手をつける。
ドキドキしながら。
うまくいきますように。。。
手術に挑む医者の気持ちってこんなかな? 
いや、それは大げさだけど。
でも緊張する。

完成。
そう、ほんのちょっと角度をつけただけなんだけど、
それだけでこのモチーフにも物語がうまれた。
そんなこと気にするのはわたしだけなんだろうけど、
だからこそ見過ごしてはダメなのだ。
“本人しか気にしないような小さなこと”っていうのが、
まぁつまりその絵の個性なのだろうし・・・
なんてちょっと語ってる風だけど、
いいかげん下書きの段階で気づけるようになりたいよ、
ホントのところ。

posted by inukaki at 20:00| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月15日

七曜日。

ただいまお店のほうをお休み中の
ヴィーガンマフィン屋七曜日さんんが
自由が丘のカフェでマフィンを販売をするというので買いに行く。

開店前から既に行列で、
店に入ったらバーゲン会場かってぐらいの争奪戦で
ちょっとビックリした。
みんなトレーにいっぱい乗せて買いだめをする勢いなのだ。
それを見たわたしもついつい欲張って4個も購入。
よもぎと桜と紅茶とプレーン。
無事にゲット出来たし、ぶらぶらしながら帰路へ。

と、「マチダちゃん!」と呼ぶ声が。
おぉ、久しぶりのYちゃん。
旦那さんと2人目の子も一緒。
この2人目の子は「生まれる」とか「生まれた」とかいうのを
年賀状で認識してるだけで、現物を見るのは初めてだったので、
わたしにしてみたら突如現れた感が。
一人目の子がまだ幼児だった頃に会って以来だからなぁ。
その子ももう小学二年生だって。
時って知らない間に過ぎるもんなんですね。
posted by inukaki at 20:00| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月13日

切手博物館。

目白にあるギャラリーで、お世話になってる歯医者さんの奥様が
ボタニカルアートの個展を開催。
二階まであるギャラリー内はお客さんでいっぱい、大盛況。
う、うらやましい。
夫である歯医者さんも絵を描くひとで、
額装した作品をひっそりと机の下に置いていたので見せていただいた。

せっかく目白まで来たのだから、と切手博物館へ。
ただいま「きのこの切手」展を開催中。
ヨーロッパ方面ではキノコはメジャーモチーフ。
毒キノコの切手シートもあった。
(毒キノコに気をつけるようにとの忠告の意味があるそうだ)

国内外の切手を取り扱う売店もある。
来場している高齢者男性は本格的な切手マニアのようだけれど
わたしの切手好きは、ただ単に小さな印刷物としての興味。
なので気に入った図柄をシールを買うような気持ちで選ぶ。
そしたら、なんと、ヤブイヌの切手が! 
これは買わずにはいられない。
それでスイッチが入ってしまって、あれやこれや購入・・・散財+散時間。

目白に出るついでに世界堂で画材を買うのが第一目的だったにもかかわらず、
切手博物館ですべてを消耗してしまったため、そのまま帰宅。
ちなみに、7月から始まる企画展は動物の切手特集だって!
行くべし。

posted by inukaki at 20:00| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月07日

毎日新聞に掲載。

今日の毎日新聞朝刊に掲載される
山下明生先生の短編童話の挿絵を描かせてもらった。
絵本『うらしまたろう』(あかね書房)を
書いてくださったのが山下先生。
「またいつかご一緒したいですね」と言っても、
本当に「また」お仕事させてもらえることなんてほぼ無いのが現実。
「こんどご飯でも」と同じ、
挨拶みたいなものなのだ、「またいつか」は。
だから、今回このように挿絵のご指名をいただけたことが本当に嬉しい。

物語の主人公は下駄なのだけれど、
メインの挿絵には下駄を描かなかった。
山下先生ならそれを認めてくださるだろうと思ったから。
『うらしまたろう』の時に
「全部あなたの作品だと思って描きなさい」
と山下先生はおっしゃってくださったのだ。

掲載日の今日、
「さっそく読者のかたからの問い合わせがありました」
と毎日新聞のかたが電話をくださった。
反応があるって本当に嬉しい。
いつも独りで黙々と描いてるだけで
白木はわたしの絵には無反応だからな。

posted by inukaki at 20:00| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月05日

こっち。

昨日の夜、手は出さないけれど(出すとドツボにハマるので)
寝るまでの間に何度も何度も見た。
見てるうちに、あぁ、わたしがやりたいのはこっちかな、
というのがうっすら見えてきた。
なので今日はその感覚で朝から描き始めた。
やっぱり、そうだった。
こっちだった。
一番最初に見えてた雰囲気だったんだな。

それでやっと少し落ち着いたので、
午後はナマリ節を買いに行くことに。
白木はコープのナマリ節があまり好きではないので、
東急ストアまで行かねばならない。
緑道の桜が結構咲いていて、平日なのに人も多い。
週末はすごいことになりそうだ。
今描いてる絵が手を離れたら御苑に行ってみようかなぁ。
ギョイコウ(御衣黄)が見たいなぁ。

posted by inukaki at 20:00| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月04日

進歩。

いつもそうなんだけど、
最初ってどうしてこんなに慌ててしまうのだろう。
いろんな意見とか、誰かが言ったちょっとしたこととか、
そんなにあちこち気を散らさなくてもいいはずなのに、
心の中の蜂の巣をつついてしまったかのような
ザワザワブンブン感。
それでも、
「このまま進めても絶対ダメになる」ということぐらいは学習してるので、
今日はいったん手を離すことにする。
それが出来ただけでも進歩だよ。
ホントはもっと進歩していたいのだけどな・・・。
posted by inukaki at 20:00| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月01日

白木はつぶやいてます。

最近めっきり白木のネタが登場しなくて、
画像もアップされなくて、
もしや・・・・とご心配されてるかたがいらっしゃるとナンなので、
もう一度おしらせを。

わたしもとうとうツイッターをはじめまして、
白木関連はだいたいそっちに移動してます。

ツイッターは
フォローしなくても、
ご自身がツイッター登録してなくても読めますので
白木の画像などはぜひツイッターのほうでお楽しみください。

Naoko Machida twitter

posted by inukaki at 19:05| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする