2014年10月13日

10月10日飯館村、みなさんおひさしぶりです…2

クロ銀は、まずは午前中に行くはずだったのに
行けなかったお宅から。

6軒目は犬チーズと猫チビ&千夜ちゃんのお宅。
一週間ほど姿が見られなくて、
ボランティア達が心配しまくってたチビが
前日、日比さんの前に姿を表したということで、
チビに会えるのを楽しみにしていたのだ。

チビはいつものように小屋から出て来てくれた。
チーーービーーーー!!!
変らないチビの姿に感激。

b-1401.jpg
「ひっさしぶり〜」


足の付け根あたりの傷は
かなり痛そうに見える。
チビ、なにがあったの?
ハクビシンと戦っちゃったの?
野生動物がきたら、
千夜ちゃん連れて全力で逃げるんだよ。
お願いね。

チビと千夜ちゃんのご飯をシーナさんにお任せして、
わたしは犬チーズとお散歩へ。

b-1402.jpg
にゃは


飯舘村は快晴で、ちょっと動くと汗だくになるほど。
「もう寒くなってきたから…」
と持ってきたポットのお湯もカイロも使わずじまい。

b-1403.jpg
シーナさんが手にしたおやつにロックオン


チビの怪我の経過は
日比さんが毎日寄ってみてくださるそうで
ひとまず安心ではあるけれど、
でも単純に「よかったね〜」
というハナシではないことぐらい
ここを訪ねるボラ達はわかっている。
結局は、チビを傷つけた野生動物が居るこの場所に
そのままチビを置いていかなくてはならないのだから。
「危ないから夜はお家に入ってなさい」
そう言ってあげられないのだから。
彼らに「がんばってね」と
お願いするのはあまりにも酷。
わかってるけど、
最後はいつも言ってしまう。
「がんばるんだよ」
「野生動物が来たら逃げるんだよ」
「元気でいてね」
「また来るからね」

b-1413.jpg



引き続き、取りこぼしたお宅。
8軒目は「噛む犬クー」。

宿六&隊長組が訪問した時、
シーザー宿六がクーを散歩に連れ出すことに成功!
すばらしい!
その時のブログを熟読して、
わたしもやってみよう!と挑戦。

唸るクーを無視して
躊躇なく近づき、リードを見せる。
首をちょっと下げたところで
首輪をつかもうとしたら
ガウガウガウガウッ! 
大激怒!!!
ス、スミマセン! 
わたしが散歩に行こうなんて100年早かったっす。

b-1404.jpg
飯だけは進呈できました

b-1405.jpg
猫はこちらのかた1匹のみ



9軒目は一転して和やかモードのこざくら様のお宅。
除染まっさかりだったので、
アプローチ手前に車をとめ、
爆音で工事中?の作業員さんに
ご挨拶しながらこざくら様の元へ。
玄関前で転がっていたこざくら様、
「ちょっと〜、下僕たち、おっそ〜い〜!」
と文句にゃーにゃー。
パウチをほぐすのも待てないほど
お腹が空いてた様子。
すみません、お待たせしました。
パウチ2袋完食。
カリカリは一日分(少量)を置いて。

満腹になって、やさしさを取り戻したこざくら様。

b-1406.jpg
惜しみないゴロンサービス

b-1407.jpg
「写真は別料金よ!」

b-1408.jpg
引きで見てみるとこんな感じ

かわいい、かわいすぎる!
もうこれは罪!罪!罪!

でも何事にも終わりはあるもので、
わたしたちクロ銀、
最初っから出遅れてるので、
次のかたもお待ちなのです。
こざくら様、失礼いたします。

b-1410.jpg
「下僕たち、行くのね…」



10軒目は、ふたりとも初めての
噛まない犬クーのお宅。

黒くて長毛で大型犬なので、
飯舘村一の引きの強さをほこる
大倉のライフを思い起こさせる。

b-1411.jpg
これがライフ。
Izumiさん撮影の画像を拝借(銀次親分日記より)

もしかしてすンごい引きが強かったら…
と心配だったけど、そんなでもなかった!
クーの家の前の道が除染作業中で
人も音もトラックも凄いせいか
あまり歩きたがらなかった。
はやく終わるといいね。

ご飯は一粒も残ってなかった。
奥の鶏のお水もドロドロ。
お家のかた、しばらくご帰宅されてないのかなー。
あ、写真を撮り忘れました。
なんと、シーナさんも撮り忘れたそうで
ごめんね、噛まない犬クー。



11軒目はクーのお隣、チャッピー宅。
クーの散歩中、玄関前に車が止まってるのが見えたので
ご帰宅中かも?と思ったけど、念のため行ってみた。
クーと同じで、ご飯は一粒も残っておらず、
水も汚れてた。
通過しなくてよかった。
チャッピーともお散歩。

b-1409.jpg
西日に輝くチャッピー

さぁ、次に行かねば!



12軒目はメェメェマァマァのお宅。
朝、佐須に向かう時にお家の前を通った際、
メェメェだかマァマァだかが
玄関先でひなたぼっこしてるの目撃した。
「あ!いた!先にご飯あげていっちゃおうか?」
でも、後続車があったのでそのまま通過。
「ま、いっか。後ですぐ行くもんねー」
なんて言ってたけど
佐須で時間を使い過ぎてしまい、
前半の部では寄ることが出来なかったのだ。

「おまたせー!」と声をかけると
さっそくマァマァが。
つづいてメェメェが。
ふたりとも腹ぺこの様子。

b-1416.jpg
「おっそーーーーーい!」



いつもの縁の下をのぞくと、
お皿が片付けられてる???
当然ながらカリカリもひとつぶも残ってない。

ひとり2パウチ食べてもまだ食べたりない様子。
でもあんまり一気にたべて
ゲーしちゃったら意味ないし。

b-1415.jpg
こちらはマァマァだそうです(Izumiさんより)


そうだ!
猫に大人気のいなばのチュールってやつを
買ってきてたんだ!
おふたりとも大喜びで一本完食。
まだ欲しそう。
かつおだしスープをあげたら
それもペロリと完食。

あ〜、チビと千夜ちゃんにも
チュールをあげればよかったー!
今度持って行こうっと。(自分memo)

b-1417.jpg
こちらもマァマァ(Izumiさんより)

b-1429.jpg
メェメェのまともな写真はコレしかなかったー

メェメェは耳のてっぺんをカットした
「さくらネコ」タイプだそうです。
Izumiさんに教わりました〜ありがとう〜。

ちなみに、
現場では、鳴き声で判別できる。
メェメェは本当にメェメェと鳴くのでね。

さて、今まで通り縁の下にカリカリを
置いていいのか迷うけど、
一応二皿、置いておいた。

そんなに仲良しって感じじゃないおふたりさんは
それぞれ距離をとってグルーミング。
これから寒くなるから
そんな日はくっついて暖をとるのだよ。

b-1414.jpg
それぞれの時間

あぁ、、、、また冬が来るのかと思うと
心がざわつく。
また小屋ごと雪に埋もれたりするんだろうか。
また水もフードも凍ってしまうんだろうか。
またこの冬も家に戻れないんだろうか。

次は、本名シロ、あだ名がプラッチ、
合体してシロッチのお宅。
の予定だったけど、時間的に無理だ・・・
ということで寄りませんでした。
ごめんね、シロッチ。

クロ銀、須萱へ向かう。

須萱は昨日一昨日とボラが入ったそうで、
飢え飢えなことになってないという情報。
(と言っても、一日一食たべてるだけだけど)



13軒目、猫数匹のお宅。
シーーーーーン。
とりあえずご飯の用意をしてたら、
いつもの薄三毛ちゃん登場。
でもご飯皿をどうぞって差し出したら
「ん〜、これか〜(溜息)」な感じ。

b-1418.jpg
「他になにかないのかしら?」


じゃあじゃあ焼きカツオを!

b-1419.jpg
「あなた達いつも焼きカツオね」


もう一匹キジ三毛みたいなのが出て来たけど、
そのコも「これか〜(溜息)」な感じ。
それでも私たちが去ったら、
ノロノロと食べ始めてくれた。
ひとまずホッ。

b-1420.jpg



14軒目は、うっかり通過してしまった
母子猫のお宅へ戻る。
ふたりとも居ました。
でも恐がりのお子さんは縁の下へ。

お母さんはかなりボロボロになっている。
この冬、越してくれるだろうか・・・心配。
カロリーエースを1缶飲みほし、
続けてパウチも2袋食べる。
食欲はある。
お子さん用に用意したお皿からも食べてた。

b-1428.jpg
お母さん、赤い汁が目から……

もう一匹、どこかからやってきたコ。
カップのご飯を置いておいたら食べた。

b-1421.jpg

シーナさんがそのカップに
更にパウチを追加。
それも食べた。
よかった。

b-1422.jpg
食後のお母さんとお子さん



15軒目はゴルゴと息子さんの家。
ゴルゴ。
涙やけのせいでお母さんなのにゴルゴ。
もちろんあだ名。

b-1423.jpg
「ひどいわ」


おやつをあげたら、
背をむけてほんのり隠しながら食べてた。

b-1424.jpg
サツマイモのようなゴルゴ


息子さん(実は性別不明)は
相変わらずビビり。
水、カリカリ、ウェット、
運ぶそのたびにいちいち部屋の奥にひっこむ。
いいのに、そこに居れば。

昨日、ワイヤーが絡まってたのを
ボラではいったかたが外してくれたそうだ。
息子さんに触れた人がいたのだ!
きっとガウガウ言うタイプではないんだね。

b-1425.jpg
「あ、見つかった!」


16軒目は道に面したお宅。
猫の姿無しだったので、
玄関前にカリカリとお水を。
ハチくん、後で寄ってくれるかな〜。



さて、最後!
17軒目は倒壊した蔵のお宅。
かわいい下膨れの茶トラは居なかったけど、
二匹ほど目撃。

b-1426.jpg

相変わらずピントのあわない写真ですみませんね。
二匹、待機してます。

後で食べてねー。


ってことで終わたーーーー!!
16時を過ぎておった。
早く終わらせて早く帰る、
という予定は既に崩れ去り
いつもと同じような終了時間となりますた。

お風呂屋さんでオレ銀のふたりが帰るところに遭遇。
クロ銀よりもたくさんのお宅に訪問してるのに
終わるのはクロ銀よりも早い。
すばらしすぎる、富士山登頂ペア!

今回、全行程を運転してくれたシーナさんに感謝。
チーム銀次各部のみなさまにも感謝。
仁義箱にいただいたお金でフードやら消毒液やら
犬猫達に使うものを買わせていただきました。
ありがとうございましたーーー!

b-1427.jpg
白木もお留守番おつかれーーー!

(おしまい)
posted by inukaki at 20:51| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

10月10日飯館村、みなさんおひさしぶりです…1

なんと、7月4日以来の飯舘村。
村の犬猫の状況を思えば
「楽しみ♪」なんて言うのは不謹慎だけど、
でもやっぱりみんなに会えるのが
楽しみで楽しみで……。
なにより、家を出る少し前に、
行方不明だったチビがみつかった!という朗報が!!

さて、10月9日の夜9時に待ち合わせして
飯舘村へ向かったクロ銀号。
運転はシーナさん。
シーナさんの車(黒色)で、
運転者一人(シーナさん)で、
っていうのは初めて。
そういう意味では「初めてです♡」ってことに
していただいて・・・。


安達太良SAの自販機&ウルトラマンの前に車をとめ、
だれかがジュース買うたびに叫ぶウルトラマンに
怒りを覚えながら仮眠するという失策からスタート。
だいじょうぶか、クロ銀!

ちなみに、この日はチーム銀次のオレ銀号も出動。
クロ銀よりも遅く出発して
クロ銀よりも早く始動する屈強ぶりで、
クロ銀のかわりにたくさんのお宅をまわって下さいました。
ありがとー、豆川ペア!
(オレ銀は富士山登頂経験有りの屈強な2人組)

さて、ウルトラマンに邪魔されつつ仮眠を終え、
コンビニでコーンスープを飲んでから佐須へ。

1軒目のミミタのお家。
「ミミタ〜!」と呼ぶと
「ニャ〜!」とお返事。
玄関のガラスにミミタの姿がうつる。
一生懸命ドアを開けようとしてるミミタ。
でもそこ、白木のおばちゃんは
開けてあげられないのよ〜。

シーナさんに誘導され、
二階の猫窓から外に出ることを思い出したミミタ。

b-1389.jpg
「おまたせ〜!ミミタにゃ〜!」


and はじめましてのチビタ(仮名)。
片目が無い。大変人懐っこい。

b-1385.jpg
「はじめまして。チビタ(仮名)です」


ふたりとも二階のベランダをうろうろして
にゃーにゃー泣き叫ぶ。
ミミタは下に降りたくてしかたない様子。
でもどうやって降りるのか、
降りたらどうやって登るのか、
足場になりそうな場所が見つからない。

その時、ミミタはいいことを思いついた。
「白木のおばちゃんを踏み台にしよう!」

b-1386.jpg
踏み台(わたし)目線の画像。ミミタの腹。


ミミタ、ご飯は全然要らないみたい。
それより遊びたくて仕方ない。

チビタ(仮名)も、ベランダで「遊ぼう遊ぼう」と
くるんくるんひっくり返って誘ってくる。

b-1387.jpg
「なにして遊ぶ?」


か、かわいいよー、ふたりともーーーー!!

なごり惜しいですが、
この時点で大変出遅れてるクロ銀号、
そろそろ行かねば。
・・・の前に、ミミタを二階のベランダに戻してと。

b-1384.jpg
「BBのおば…おねえちゃん、ありがとう」


じゃあねー!元気でねー!

b-1388.jpg



2軒目のお宅を探して、早くも迷い道クネクネ。
やっとたどり着きましたー。

フサフサ猫が屋根裏からひっそりと顔を出してくれたので
はりきってウェットを用意。
カリカリも新しいの入れましたよー。

わたしたちが去ったのを確認して、
屋根裏から降りてきた。
ゆっくり食べてね〜。

b-1390.jpg
ネコ、ココにいます



3軒目も迷いに迷ってやっと到着。
ココちゃん(ハチワレ母さん)の家。
姿無しでした。
後でご飯食べてね。



4軒目はわりとスムーズに到着、ミーちゃん家。
「ミーちゃん!」の声にすぐに登場。
「あれ?こんなコだったっけ?」とシーナさん。

それもそのはず、5月に会った時は
すっかり痩せ細り、足をがくがくふるわせていたのだ。
冷たい雨がふってたせいで、せつなさ倍増だったし。

b-1391.jpg
「10月のミーちゃんでーす」


すっかり元気になっておられた。
お尻から回虫さんがコンニチワしてたので、
シーナさんがとってくれた。

b-1392.jpg
「ありがとう、BBのおば…おねえちゃん」

b-1393.jpg
ミーちゃんのかわいい後頭部。

b-1394.jpg
ミーちゃんのかわいいあんよ(爪、シャキーン☆)

ミーちゃんはご存知ないかもしれませんが、
実はクロ銀号、かなり遅れをとってるのですよ。
なので、名残惜しいけれどこのへんで・・・。

※ミーちゃん家のまわりには猿がいっぱいいますが、
庭の栗を狙ってるだけで、
ヒト=食べ物 という認識は無いようです。
栗拾いの邪魔さえしなければ大丈夫そう。




5軒目は除染まっさかりのお宅。
お歯黒猫チーズのお宅と、
犬の木林森のお宅。

除染まっさかりで作業車の出入りが多く、
3回も車の駐車位置を移動。
一度は、ちょうど犬の散歩に出るところだった為、
10分ほど待っていただいたりも。
すみません、犬散歩優先させました。

いやー、それにしても
木(もく)と林(はやし)の小屋は遠かった!!
行くだけで息がきれるほどに。
散歩から戻り、もう一度車に荷物を取りに行って、
再び木林の元へ行ってお給餌。
忘れ物があっても取りにいけない遠さ。ひーっ。

小屋まわりのウン掃除して、
小屋の中を掃き掃除して、
ちょっとはスッキリしたかなー。

あまりに大変すぎて
写真を撮り忘れた。
シーナさんが数枚撮ってくれてるはずなので
カミングスーンでお待ちください。

車に戻ったら、猫宅のお母さんがご帰宅されてたのでご挨拶。
「はなちゃん、元気ですか?
わたし、はなちゃんの大ファンなんです!
はなちゃんの写真、部屋に飾ってるんです!」
と興奮して話しかけるネコ変態。
お母さん、ひいてたかしら……すみません。

b-1412.jpg
飯舘村の白木ことはなちゃん。
Izumiさん撮影の画像を拝借(銀次親分日記より)


はなちゃんは体調を崩した為、
お母さんが仮設に連れていったのだった。
肺に水がたまってたそうだ。
「かわいそうになー、
3年もがまんしてんたんだなー」とお母さん。

今は毎日ジャラしで遊ぶぐらい元気だとか。よかた。
「でも外に出れないから可哀想だ〜」とおっしゃるので
「外に出ることよりも
お母さんと一緒にいられることのほうが
幸せなんですから!」と言ってはみたけど、
やっぱりこの辺の人達はみんな
「猫は外で自由に生きるもの」と思ってるのだろう。

b-1395.jpg
同じく飼い猫のチーズ。


お母さんはチーズも連れていきたいのだけど、
お父さんが反対してるそうで。
その理由が・・・

b-1396.jpg
「にゃ、にゃによ・・・」


「チーズはかわいくないから」(byお父さん)



b-1398.jpg
「がーーーーーん」


「なーにを言ってるんですかー!
チーちゃん、かわいいですよ!
ボランティアのみんなにも人気あるんですよ!」
と迫るネコ変態。

いや、でも、お母さんはどのこも
可愛く思ってらっしゃるようで、
「いずれは飼い猫全部連れていくつもりだー」
と言ってた。

b-1397.jpg
お母さん、ホントにお願いします!


実のところ、ここのお宅には
居つきの猫もたくさんいるので、
このお宅がなくなったら、
そのネコ達はどうしたらいいのだろう…
という心配もなくはないのだけど……。

シーナさんが猫給餌してる間に
わたしは森くんとお散歩。
森くんは、夏と同じ場所にひとりで繋がれていた。

相変わらず、行きよりも帰りのほうが
足取りは軽いけど、
お散歩を拒否することはない。

お待ちかねのウマウマ。

b-1399.jpg
ウマウマウマウマ


そうそう、今回は
ワンコ用に白飯を炊いてきた。
いつもより喜んでるかどうかはわからないけど、
みんな全部食べてくれた。
次も持って行くねー!(自己満足)

b-1400.jpg
「ごちそうさまー!」


森くんのウン掃除をして、
小屋の中を掃き掃除してたら、
なんと既に10時50分を過ぎていた!!
今日は11時に役場で日比さんと豆川さんと
待ち合わせしてるのだった。

それまでに終わらせる予定だった
数件をパスして慌てて役場へ。(遅刻ですが)

途中休憩をいっさい取らず
おやつも飲み物も摂取しわすれるほどがんばった!
……つもりだったけど、11時迄にまわれたのは、
佐須の5箇所のみだった。
みなさん、すみません・・・・。

役場で午後の訪問先を相談。

(つづく)
posted by inukaki at 20:15| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする