2014年05月25日

5月22日飯舘村、雨降りの一日。その2

11軒目は犬のチーズと猫のチビとロン。
車を止めてもチーズが出て来ない。
なんで? どうかしたの?
と同時にキャンキャンというチーズの悲痛な声が。
あぁまただ....係留ワイヤーが絡まって
身動き出来なくなってるんだ。
前回、リードが絡まないように日比さんが工夫してくださった
柵の横板が折れて、またグルグルまわっちゃったらしい。

わたしはチーズと散歩、
豆川さんとシーナさんはチビとロンの給餌。
そして、12軒目の三本足のお家にも。

チーズの散歩に行ったら道に迷って焦った〜。
行った道と同じ道を戻るのもつまらないだろうから、
なんて考えたのがいけなかった。
だいたいわたしの方向感覚は危ういのだ。
5年以上住んでる家のまわりでも迷子になるぐらいに。
役場のトイレの出口を間違えるぐらいに。

b-1288.jpg
あなた、アホですか?

結局、来た道を戻って帰った。
豆川さんとシーナさんが用意しておいてくれたご飯を食べて、
ホッと一息のチーズ。

b-1289.jpg
めしめしウマウマ

b-1290.jpg
ごちそうさま♡

b-1291.jpg
黒猫ズのおふたりもご機嫌さん

b-1292.jpg
いや〜ん、チビ、そんな水を飲まないで〜!

b-1293.jpg
飲んでないよー、出してるんだよー

b-1294.jpg
にゃんちゃってー


13軒目は親子猫の東のお宅。
猫の姿は無し。
いつもの場所にご飯を。

b-1295.jpg


14軒目は親子猫の西のお宅。
ここで初めて「帰れビーム」を浴びることに!
感激!!!!

b-1296.jpg
興奮のあまり、すべてピンボケ

b-1297.jpg
「飯だけ置いて早く帰れ」ビームを
間近で浴びる豆川さん。羨ましい!


b-1298.jpg
通称「JAFの窓」のマロちゃん


15軒目は犬のタロウと猫たくさん。
わたしがタロウ給餌してる間に
豆川さんとシーナさんは猫給餌。
納屋の中をのぞいたら
まぁ、ホントに猫がたくさん!!!

b-1299.jpg
すみません、ピントが……

ここ最近、チーム銀次の男性と
お散歩に行けるようになったタロウ。
そのせいか少し優しくなったかな?
前回は、慌ててご飯の器を置いてたけれど、
今回は「まて」をしてから
ゆっくりと落ち着いてお皿を置くことができた。
おやつも、放り投げてキャッチの方法でなくて
手から食べさせても大丈夫な気がしたのでやってみた。
おすわり、待て、よし、でおやつを食べるタロウ。
賢い。
手に歯があたっちゃうけども、噛む気はない。
おやつあげつつ、撫でることもできた。

b-1300.jpg

豆川さんにおやつを遠くに放ってもらってる間に
器を片付けようと思ったけれど、
そんなことしなくても、ふつうに取ることが出来た。
ありがとう、タロウ。

お散歩もいけそうな気もするんだけど、
せっかく「噛む犬」の汚名を返上しつつあるところで
わたしが噛まれたらタロウに悪いしなぁ・・・。

b-1301.jpg
ぽんちゃんは今日もイカ耳


16軒目は猫王国。
ネットが張りめぐらされて
野生動物が入らないように
細かい工夫が随所にしてある餌場。
お会いしたかった猫のジジババは
後ろ姿をちらりと見たのみ。
ご飯を置いて去る。

b-1302.jpg
猫の餌場でヤンキー座りのシーナさん


17軒目は猫王国近くのかわいい三毛のいるお宅。
見守り隊のおじさんがふたり居たので
プリントアウトした紙をもって
「この住所のお宅の猫に給餌しに来たのですが、
ここのお宅で間違いないですか?」と聞いたまではよかったが、
その後のおじさんの返事はほぼ100%理解不能で
頭が真っ白に・・・・・。

b-1303.jpg
あたすがかわいい三毛です

そこで大活躍したのが、
福島弁の通訳が出来るシーナさん。
あぁシーナさんが居てくれてよかった。泣。

「村の人と会話してても60%ぐらいしか理解できないです」
と上村さんが言っていた。
「お母さんの話、半分以上わからなかった」
とあやこ隊長が言っていた。
おおげさに言ってるのかと思ってたけど、
本当だったんだ・・・。

b-1304.jpg
ふくすまべんをなめんなよ

なんだかわからないけれど、
「今、◯子がくっから」と言うおじさん。
◯子ってだれ? なぜ来るの? 
わけがわからないまま◯子さんの到着を待った。

◯子さんは猫事情に詳しい見守り隊のかた、だったみたいで。
猫王国とかわいい三毛宅のことを教えていただいた。

b-1305.jpg
あたすについてらっしゃい

b-1306.jpg
ここがダイニングルームよ

猫王国は震災前は20匹ぐらい猫がいたんだそうだ。
震災後はみんなどこかへ行ってしまって
今は5〜6匹と言っていたけれど、
きっとそれも定かではないのだろう。
もしかしたら今はジジババしか居ないのかもしれない。

村のみなさんのお話は
「震災前は…」「震災後は…」とふたつに線引きされている。
東京で暮らしていると、
時々思い出して「震災のときは…」と言うことはあるけれど、
前と後ではたいして違いがない。
でもここには、はっきりと前と後がある。

予定ではあと一軒、
うたちゃんのところに寄るつもりだったけれど、
今日は帰りに大切なミッションが待っていて、
時間が押しているのだった。
うたちゃんごめんなさい、と心の中で謝って、
次のミッション先へ車を走らせた。

−−−−
今回も『Call My Name』にお持ちよりいただいた
仁義フードを使わせていただきました。
いつもは、まとめ買いをして経費を節約する必要があるので、
どうしても同じフードばかりになってしまうのだけど、
みなさまが持ち寄ってくださったフードは
いろんな味の美味しそうなものばかりで、
あげるのも楽しかったです。
猫達も、あっちのお皿こっちのお皿と食べ歩き
いつもより楽しそうにみえました。
また、リードのご寄付もありがとうございました。
このリードを使って、飯舘村のすべての犬と散歩へ行きたい!
というのがわたしの目標です。

給餌レポートは以上です。
飯舘村を後にして向かった
「大切なミッション」のことはまた後で。
posted by inukaki at 20:54| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする