2014年10月13日

10月10日飯館村、みなさんおひさしぶりです…1

なんと、7月4日以来の飯舘村。
村の犬猫の状況を思えば
「楽しみ♪」なんて言うのは不謹慎だけど、
でもやっぱりみんなに会えるのが
楽しみで楽しみで……。
なにより、家を出る少し前に、
行方不明だったチビがみつかった!という朗報が!!

さて、10月9日の夜9時に待ち合わせして
飯舘村へ向かったクロ銀号。
運転はシーナさん。
シーナさんの車(黒色)で、
運転者一人(シーナさん)で、
っていうのは初めて。
そういう意味では「初めてです♡」ってことに
していただいて・・・。


安達太良SAの自販機&ウルトラマンの前に車をとめ、
だれかがジュース買うたびに叫ぶウルトラマンに
怒りを覚えながら仮眠するという失策からスタート。
だいじょうぶか、クロ銀!

ちなみに、この日はチーム銀次のオレ銀号も出動。
クロ銀よりも遅く出発して
クロ銀よりも早く始動する屈強ぶりで、
クロ銀のかわりにたくさんのお宅をまわって下さいました。
ありがとー、豆川ペア!
(オレ銀は富士山登頂経験有りの屈強な2人組)

さて、ウルトラマンに邪魔されつつ仮眠を終え、
コンビニでコーンスープを飲んでから佐須へ。

1軒目のミミタのお家。
「ミミタ〜!」と呼ぶと
「ニャ〜!」とお返事。
玄関のガラスにミミタの姿がうつる。
一生懸命ドアを開けようとしてるミミタ。
でもそこ、白木のおばちゃんは
開けてあげられないのよ〜。

シーナさんに誘導され、
二階の猫窓から外に出ることを思い出したミミタ。

b-1389.jpg
「おまたせ〜!ミミタにゃ〜!」


and はじめましてのチビタ(仮名)。
片目が無い。大変人懐っこい。

b-1385.jpg
「はじめまして。チビタ(仮名)です」


ふたりとも二階のベランダをうろうろして
にゃーにゃー泣き叫ぶ。
ミミタは下に降りたくてしかたない様子。
でもどうやって降りるのか、
降りたらどうやって登るのか、
足場になりそうな場所が見つからない。

その時、ミミタはいいことを思いついた。
「白木のおばちゃんを踏み台にしよう!」

b-1386.jpg
踏み台(わたし)目線の画像。ミミタの腹。


ミミタ、ご飯は全然要らないみたい。
それより遊びたくて仕方ない。

チビタ(仮名)も、ベランダで「遊ぼう遊ぼう」と
くるんくるんひっくり返って誘ってくる。

b-1387.jpg
「なにして遊ぶ?」


か、かわいいよー、ふたりともーーーー!!

なごり惜しいですが、
この時点で大変出遅れてるクロ銀号、
そろそろ行かねば。
・・・の前に、ミミタを二階のベランダに戻してと。

b-1384.jpg
「BBのおば…おねえちゃん、ありがとう」


じゃあねー!元気でねー!

b-1388.jpg



2軒目のお宅を探して、早くも迷い道クネクネ。
やっとたどり着きましたー。

フサフサ猫が屋根裏からひっそりと顔を出してくれたので
はりきってウェットを用意。
カリカリも新しいの入れましたよー。

わたしたちが去ったのを確認して、
屋根裏から降りてきた。
ゆっくり食べてね〜。

b-1390.jpg
ネコ、ココにいます



3軒目も迷いに迷ってやっと到着。
ココちゃん(ハチワレ母さん)の家。
姿無しでした。
後でご飯食べてね。



4軒目はわりとスムーズに到着、ミーちゃん家。
「ミーちゃん!」の声にすぐに登場。
「あれ?こんなコだったっけ?」とシーナさん。

それもそのはず、5月に会った時は
すっかり痩せ細り、足をがくがくふるわせていたのだ。
冷たい雨がふってたせいで、せつなさ倍増だったし。

b-1391.jpg
「10月のミーちゃんでーす」


すっかり元気になっておられた。
お尻から回虫さんがコンニチワしてたので、
シーナさんがとってくれた。

b-1392.jpg
「ありがとう、BBのおば…おねえちゃん」

b-1393.jpg
ミーちゃんのかわいい後頭部。

b-1394.jpg
ミーちゃんのかわいいあんよ(爪、シャキーン☆)

ミーちゃんはご存知ないかもしれませんが、
実はクロ銀号、かなり遅れをとってるのですよ。
なので、名残惜しいけれどこのへんで・・・。

※ミーちゃん家のまわりには猿がいっぱいいますが、
庭の栗を狙ってるだけで、
ヒト=食べ物 という認識は無いようです。
栗拾いの邪魔さえしなければ大丈夫そう。




5軒目は除染まっさかりのお宅。
お歯黒猫チーズのお宅と、
犬の木林森のお宅。

除染まっさかりで作業車の出入りが多く、
3回も車の駐車位置を移動。
一度は、ちょうど犬の散歩に出るところだった為、
10分ほど待っていただいたりも。
すみません、犬散歩優先させました。

いやー、それにしても
木(もく)と林(はやし)の小屋は遠かった!!
行くだけで息がきれるほどに。
散歩から戻り、もう一度車に荷物を取りに行って、
再び木林の元へ行ってお給餌。
忘れ物があっても取りにいけない遠さ。ひーっ。

小屋まわりのウン掃除して、
小屋の中を掃き掃除して、
ちょっとはスッキリしたかなー。

あまりに大変すぎて
写真を撮り忘れた。
シーナさんが数枚撮ってくれてるはずなので
カミングスーンでお待ちください。

車に戻ったら、猫宅のお母さんがご帰宅されてたのでご挨拶。
「はなちゃん、元気ですか?
わたし、はなちゃんの大ファンなんです!
はなちゃんの写真、部屋に飾ってるんです!」
と興奮して話しかけるネコ変態。
お母さん、ひいてたかしら……すみません。

b-1412.jpg
飯舘村の白木ことはなちゃん。
Izumiさん撮影の画像を拝借(銀次親分日記より)


はなちゃんは体調を崩した為、
お母さんが仮設に連れていったのだった。
肺に水がたまってたそうだ。
「かわいそうになー、
3年もがまんしてんたんだなー」とお母さん。

今は毎日ジャラしで遊ぶぐらい元気だとか。よかた。
「でも外に出れないから可哀想だ〜」とおっしゃるので
「外に出ることよりも
お母さんと一緒にいられることのほうが
幸せなんですから!」と言ってはみたけど、
やっぱりこの辺の人達はみんな
「猫は外で自由に生きるもの」と思ってるのだろう。

b-1395.jpg
同じく飼い猫のチーズ。


お母さんはチーズも連れていきたいのだけど、
お父さんが反対してるそうで。
その理由が・・・

b-1396.jpg
「にゃ、にゃによ・・・」


「チーズはかわいくないから」(byお父さん)



b-1398.jpg
「がーーーーーん」


「なーにを言ってるんですかー!
チーちゃん、かわいいですよ!
ボランティアのみんなにも人気あるんですよ!」
と迫るネコ変態。

いや、でも、お母さんはどのこも
可愛く思ってらっしゃるようで、
「いずれは飼い猫全部連れていくつもりだー」
と言ってた。

b-1397.jpg
お母さん、ホントにお願いします!


実のところ、ここのお宅には
居つきの猫もたくさんいるので、
このお宅がなくなったら、
そのネコ達はどうしたらいいのだろう…
という心配もなくはないのだけど……。

シーナさんが猫給餌してる間に
わたしは森くんとお散歩。
森くんは、夏と同じ場所にひとりで繋がれていた。

相変わらず、行きよりも帰りのほうが
足取りは軽いけど、
お散歩を拒否することはない。

お待ちかねのウマウマ。

b-1399.jpg
ウマウマウマウマ


そうそう、今回は
ワンコ用に白飯を炊いてきた。
いつもより喜んでるかどうかはわからないけど、
みんな全部食べてくれた。
次も持って行くねー!(自己満足)

b-1400.jpg
「ごちそうさまー!」


森くんのウン掃除をして、
小屋の中を掃き掃除してたら、
なんと既に10時50分を過ぎていた!!
今日は11時に役場で日比さんと豆川さんと
待ち合わせしてるのだった。

それまでに終わらせる予定だった
数件をパスして慌てて役場へ。(遅刻ですが)

途中休憩をいっさい取らず
おやつも飲み物も摂取しわすれるほどがんばった!
……つもりだったけど、11時迄にまわれたのは、
佐須の5箇所のみだった。
みなさん、すみません・・・・。

役場で午後の訪問先を相談。

(つづく)
posted by inukaki at 20:15| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする