2014年11月29日

11月29日飯舘村、冬が来る前に…その2

14軒目は、猫のチーズと犬の木林森くんのお宅。
前回は除染まっさかりだったけど、
もう終わっているみたいだった。

前回はほとんど姿を表さなかった猫達が
今回はわらわらと大集合。
みなさん腹ぺこ。
出すそばからガツガツ。

b-1462.jpg
この他に黒があと二匹、ハチワレが1匹

今日は、シロビちゃんがやけにゴロスリで
そばを離れなかった。
青い目をした小柄(白木比)な白猫。
飼い猫ではないはずなので、
お家に迎えたいというヒトが
いないかなぁ…いたらいいのに……
というようなことを
あちこちの現場で思う。

b-1467.jpg
こんな写真しかないけど、実物はとてもかわいい

例えばこちらのラビちゃんは、
上村さんのお宅で家族探しをすることになったそうだ。

チビのような飼い猫は、
どんな状況であれ、飼い主さんの了承を得られなければ
保護したり預かったりはできない。
でも、居着きの猫(飼い猫ではないコ)になら、
してあげられることがあるはず。
「がんばれ」とか「かわいそう」とか言うばかりではなく。
なにもしてないわたしが言うのもナンですが…。


さて、お待たせしました、
お尻コレクションの時間です。

b-1463.jpg
チーズ

b-1464.jpg


b-1465.jpg



猫にまみれた後は、
犬まみれ大会ですよーーー!

まずは奥の奥の奥にいる
木と林くんのところへ。

わたしがハータン(林くん)とお散歩してる間に
シーナさんがハータンの小屋まわりを清掃。

b-1466.jpg
ハータンのお耳、かわゆ♡

戻ってきて、
今度はシーナさんが木くんのお散歩をしてる間に
わたしが木くんの小屋まわりを清掃。

前回、木くんの小屋の床に敷いてあった
バスマットがボロボロになっていたので、
シーナさんが新しいバスマットを用意してきてくれた。
みなさんの小屋に敷いてみたけど、
どうかなー。
「その後の様子」を確認できないのがもどかしい。

これからの季節、野外では毛布が凍ってしまう。
先に寄った噛まない犬クーの毛布も
湿ってビショビショだったそうで(シーナさんが確認)
もっと寒くなったら凍ってしまうと思われる。
厳しい冬を野外で過ごす犬達の寒さ対策、
どうしてあげたらいいだろうか…。

ハータンはご飯を全然食べなかった。
座って、じっとヒトのことを目で追う。
食べてる間にヒトが帰ってしまうと思ってるのかなぁ…。

最後にお待たせしました、森くん。
お散歩行って、清掃して、ご飯。

b-1488.jpg
写真撮り忘れたのでシーナさんのTwitterより拝借

ぽつんと置かれた森くんのまわりは
のっぺらぼうの更地がどこまで広がって寒々しい。
どう見ても楽しそうには見えない。

丁度このお宅に到着したころ、
日比さんから「今どこですかー?」と電話が。
一時間半後ぐらいにかかってきた電話には出れず、
かけ直してみたら、
「今はどこかなーと思いまして」とのこと。
す、すみません、同じ場所に居ます・・・・汗。

猫チーズと犬の木林森くんのところでは
前回同様すっかり時間をとってしまった。
滞在時間、1時間半以上。
木と林の係留場所を元に戻してもらえたら
もう少し時間短縮出来るのだけどなぁ……。



15軒目はココちゃん(ハチワレ母さんのお宅)。
ビューッと走り去る、白地に黒い模様の猫を目撃。
給餌小屋では、猫の声を聞いた。
帰り際、初めて見るアメショ風の猫の姿も。
耳先カット無しかな??(写真撮れず)



16軒目は、こちらのお宅。

b-1468.jpg
だーれだ?

b-1479.jpg
お尻と言えばみーちゃんでーす♡


相変わらず、あまりご飯を食べてはくれないけど、
ちゅーるを乗せたら、少しだけ食べた。
今回、あちこちでちゅーるが大人気だった。
今度はもっともっと持っていくよ〜!

b-1480.jpg
美味しい物を少しだけ、っていうタイプ?



17軒目は、
フサフサ猫の居るお宅。
前回会えたフサフサキジ、今回は姿無く。
ボックスに置き餌して帰る。
それにしても、ここは獣臭がすごい・・・。



18軒目はミミタのお宅。
ミミタは二階の屋根でにゃーにゃー。
片目の仔猫は家の中。
出てこれないようだった。
ミミタが「ご飯は要らな〜い」と言うのはいつものこと。
遊んであげたいけど、
もうかなり時間がおしていて、
おばさん達、ゆっくりできないんだよ。
ごめんね。
ウェットを二階に差し入れて、
ドライを一階に置いて、
少しだけミミタを抱いて、さよなら。

b-1487.jpg
写真撮り忘れたのでシーナさんのTwitterより拝借



19軒目は、初めての訪問地、
キジキジのお宅。
こじんまりと除染作業中の中、
にゃー!と登場したのは、
よく肥えたキジトラ二匹。

b-1481.jpg
ゴムマリのようにまん丸

b-1482.jpg
よく食べます



20軒目は、
うっかり寄りそびれてしまったお宅。
初めての訪問先の、前田の牛舎。

鳴きながら飛び出してきた二匹。
慣れてはいないけど、“ヒト=飯”は知ってる。


b-1483.jpg
用意するそばから食べ始める三毛

b-1484.jpg
黒は空腹よりも警戒心が勝って近寄れず

給餌ルームに移動して、
ゆっくりお食べくださいね。


…ってことで、本日の給餌、終了〜!



顔見知りの犬猫が増えると楽しさが増す。
「また会えた!」の喜びは大きい。
白木(同居猫)と違い、
スリスリゴロゴロ甘えてくる猫も多く、
「膝の上に乗ってくる猫」を初体験したのは、
ここ飯舘村でだった。
日々の生活での犬不足を
村の犬達はおしみなく補ってくれる。
ありがとう、ありがとう。

反面、顔見知りの犬猫が増えたことで
感じる悲しみもある。
主が居なくなった犬小屋を見た時。
一匹の猫が姿を見せなくなった時。
腐ったフードに虫がわいていた時。
雪の上で耐える猫をおいて帰る時。
泣いても仕方ないけど涙が出る。

なにも知らなければ
「かわいそうにね〜」ですんだかもしれない。
「どこかで元気にしてるよ」と言えたかもしれない。

「知らない」というのは楽なことだ。
でも「知らない」は無責任だ。
政治のヒトも電力会社のヒトも普通のヒトも
知ったうえでどうするかを決めて欲しい。

今日は、途中、暑く感じるぐらいの気候だった。
でも、見守り隊の方によると、
12月ぐらいから雪が降り始めるそうだ。
除染作業後、まったいらになったこの土地で
どうやって雪や風をよければいいのだろう。
どこに身を寄せればいいのだろう。
そんなこと、国や東電のエライ人にとっては
どうでもいい小さなことなのだろうか。
どこからどうやって「日本を取り戻す」のか知らないけど、
それより先にここの犬猫達に
こたつやストーブや毛布や
屋根や家族や安心を取り戻して欲しい。
早急に!
冬が来る前に!!


今回も、チーム銀次のみなさまからのご支援で
フードなどを購入させていただきました。
ありがとうございました。

白木もお留守番ありがとねー。
毎回留守番時間記録を更新させてごめんねー。

b-1486.jpg

(おわり)
posted by inukaki at 21:26| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする