2015年12月14日

『Good Luck Charms』ギャラリーハウスマヤ


12月14日(月)から始まる
ギャラリーハウスマヤで開催される
『Good Luck Charms』という展覧会に
わたしも参加させていただくことに。

「幸運をもたらすと信じられているもの、お守り。
世界各地の縁起物を40人の作家が描きます」


ギャラリーからのリクエストは

“『幸せを呼ぶお守り』ということで、
世界各地の幸運のシンボルをモチーフにした絵を”

“てんとう虫とか四つ葉のクローバーとか
フクロウとか龍といったポピュラーなものから、
ヨーロッパや南米、アジア、アフリカなどの
珍しいものまで、幅広く集めて、
その由来やエピソードと一緒にご紹介したい”

というもの。


パッと思いついたのは招き猫。
(そしたら石黒さんが招き猫だったので、やめて良かった!)
それから、鍵しっぽの猫もいいかな。
なんなら白木にしちゃおうかな、
私的ラッキーチャーム(?)として……
などなど思いを巡らせていったけっか、
猫じゃないモチーフにおちつきましたとさ。


丁度、ギャラリー・エフの
「月夜の森」用の絵を描く時季だったので、
どっちでもいけそうな絵(エフでもマヤでも)を描くことにして。


場所は「森(木のある風景)」で、
雰囲気はしあわせな感じで。


「月夜の森」も企画展も12月だし、
クリスマスっぽいのもいいかもな〜…と。

クリスマスといえば・・・

ツリーの飾りつけの時に、
モミの木のてっぺんに
厚紙で出来た星の飾りをつけるのが
とても好きだった。
星飾りはその一個しかなくて、
だからそれは、
飾りの中の王様みたいな神様みたいな存在で、
厳かに両手に取って、
丁寧に木の先端にかける作業が
わたしは好きだった。

あんなちゃちな紙製の星飾りなんて
今はどこを捜しても売ってなくて、
あれを家から持ち出さなかったことを
今ごろになって後悔してるぐらい。

本物を見たらただの紙細工なんだろうけど、
年月とともに相当美化されて(初恋の人的な)
わたしの中では空に輝く星と同等の輝きをはなっている。


・・・ということで、
わたしのラッキーチャームは
クリスマスの星飾り。

「わたしも同じだったわ〜」という人が
いてくれたらいいなぁ…と思いつつ出展。


猫はいません。
トナカイと人間の女の子がいます。

b-2503.jpg


ギャラリーハウスマヤ 
12月14日(月)〜23日(水/祝)まで
※通常は日曜定休ですが、この企画展の間は
日曜日もOpenしてます!
ただし、土、日、最終日は17時迄です。ご注意下さい。
それ以外は11時半〜19時迄。

初日午後からは
メールや電話での作品購入も出来るようです。
コチラをご覧下さい → ☆ 


posted by inukaki at 11:47| 展示 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする